小学館文庫

若殿八方破れ(一)

若殿八方破れ(一)
ためし読み
定価
本体680円+税
発売日
判型/頁
文庫判/352
ISBN
9784094068184
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
無二の忠臣が殺された!若殿、仇討ちの旅へ
信州真田家の若殿、真田俊介が江戸上屋敷の寝所で襲われた。町でたたきのめしたやくざ者の意趣返しか。はたまた、国元で暮らす腹違いの弟・力之介の祖父で、国家老でもある大岡勘解由が孫の跡目相続を画策しての仕業か。

無二の忠臣にして友垣の寺岡辰之助とともに探索に乗り出す俊介。だが、旧知の東田道場師範代・皆川仁八郎に頼まれて、やくざの出入りに加勢する羽目になるやら、錺職人殺しに巻き込まれるやら、なかなか思うようにいかない。

そんな中、こともあろうに辰之助が胸を一突きにされ殺される。いったい誰が何のために!? 悲嘆にくれる俊介に殺害犯の名を告げたのは、意外や意外、俊介の寝所を襲った男だった。

犯人は有馬家の剣術指南役に召し抱えられた者だという。俊介の追撃を躱し、犯人が向かった先は、有馬家の領国・筑後久留米。同行するは、真田家二代に仕える爺で俊介の守り役・海原伝兵衛と天才剣士と異名をとる師範代・皆川仁八郎、おまけに病に倒れた母の薬を求めて長崎に行くという女児おきみ。

若殿一行四人の仇討ち旅が始まる!二ヶ月連続刊行でおくる、傑作廻国活劇シリーズ第一弾。

あなたにオススメ!

  • 名探偵コナン 紅の修学旅行
  • 名探偵コナン 天国へのカウン…
  • くちびるに歌を
  • 小説 映画ドラえもん のび太…
  • 姉上は麗しの名医
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ