小学館文庫

海が見える家 それから

海が見える家 それから
ためし読み
定価
715円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/304
ISBN
9784094067965

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/08/05
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ロングセラー続編、いきなり文庫で刊行!
 入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるで違う風貌をしていた。
 家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は、遺品を整理しながら、父の足跡をたどっていく。すると、意外な事実を突きつけられていくのだった。
 豊かな自然が残る南房総の暮らしを通して、文哉は自らの人生を見つめる時間をすごしていた。そんなある日、元彼女からメールが届く。
 果たして、都会を捨て、田舎に逃げてきただけなのか? あれから一年。自問の末、文哉が踏み出す新たな一歩とは?
 幸せのあり方を問う感動のロングセラー続編、いきなり文庫で刊行。
〈 電子版情報 〉
海が見える家 それから
Jp-e : 094067960000d0000000
ロングセラー続編、いきなり文庫で刊行!

 入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるで違う風貌をしていた。
 家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は、遺品を整理しながら、父の足跡をたどっていく。すると、意外な事実を突きつけられていくのだった。
 豊かな自然が残る南房総の暮らしを通して、文哉は自らの人生を見つめる時間をすごしていた。そんなある日、元彼女からメールが届く。
 果たして、都会を捨て、田舎に逃げてきただけなのか? あれから一年。自問の末、文哉が踏み出す新たな一歩とは?
 幸せのあり方を問う感動のロングセラー続編、いきなり文庫で刊行。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

さわやかな装丁の絵と帯に癒し、すがすがしいという言葉が入っていて気になり買いました。海辺で逞しく生きてゆく青年、地元の人々から学び協力し自然農や手づくり品を置くカフェを作り、商売も始めて地に足をつけて生きてゆく様子がとても眩しく高揚感を得ました。(50代 女性) 2021.9.27

読んでる間は、時間が過ぎるのを忘れて夢中になってしまった。 おもしろい話でした。(40代 男性) 2021.9.27

第一作を読んだから。(60代 男性) 2021.9.25

タイトルと表紙のイラストから感じた世界観にひかれました。(60代 男性) 2021.9.18

人それぞれの幸せのあり方 自分もがんはろうと、思わせてくれました。(60代 女性) 2021.9.7

続編で、更に主人公の生き方、考え方に感動した。慎ましやかな生活の中に力強く生きる文哉と、回りの人々との温かな交流にフッと笑顔になれた。そして色々な経験を通して、自信をつけていく姿も共感を覚えた。更に終わり方が、爽やかでカッコいい!なと思った。(因みにYouTubeで海のシーンをバックにラウンジミュージックを流しながら読むのが好きです)(50代 女性) 2021.8.25

前からタイトルは、知ってましたが、買うまでに行かず今回それからと言う続編とも思わせがよく買って読みました。 自分の生き方、地域の方とのまじわり楽しく素敵に思い頭の中で思い浮かべながら読み自分自身も海が、見える場所に住めたら最高です。(40代 女性) 2021.6.14

"海が見える家を以前読んでいたため、その続編であるこの本を購入させていただきました。生活することの目的は生きるためであり、それは""普通""に会社に勤めて""普通""に暮らすことに縛られはしない、といった、当たり前だが忘れがちなことを思い出させてくれました。わたしもこの主人公文哉のように、苦労しながらものびのびと、時間に余裕のある暮らしがしたいと強く感じました。数年後、この夢が実現するようにこれから野菜のこと、海のことなど、たくさん勉強しています。批判されがちな生き方を肯定的に照らしていただけましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。"(20代 女性) 2021.5.8

書店で、本のタイトルとともにカバーの絵に目が留まり、即、「読んでみたい」と、『海が見える家』と2冊購入しました。 自然の描写が素敵で眼の前に美しい風景が広がるとともに、文哉の生き方・考え方が徐々に変わっていく様にひかれ一気に読んでしまいました。(60代 女性) 2021.2.27

地元の南房総市がぶたいになっているので。親近感が湧いて❣(50代 女性) 2021.1.27

あなたにオススメ!

  • 海と月の喫茶店
  • ぼくたちと駐在さんの700日…
  • 女子は、一日にしてならず
  • ぐるぐる問答 森見登美彦氏対…
  • 八月の光・あとかた
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31