小学館文庫

海が見える家 それから

海が見える家 それから
ためし読み
定価
715円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/304
ISBN
9784094067965

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/08/05
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ロングセラー続編、いきなり文庫で刊行!
 入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるで違う風貌をしていた。
 家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は、遺品を整理しながら、父の足跡をたどっていく。すると、意外な事実を突きつけられていくのだった。
 豊かな自然が残る南房総の暮らしを通して、文哉は自らの人生を見つめる時間をすごしていた。そんなある日、元彼女からメールが届く。
 果たして、都会を捨て、田舎に逃げてきただけなのか? あれから一年。自問の末、文哉が踏み出す新たな一歩とは?
 幸せのあり方を問う感動のロングセラー続編、いきなり文庫で刊行。
〈 電子版情報 〉
海が見える家 それから
Jp-e : 094067960000d0000000
ロングセラー続編、いきなり文庫で刊行!

 入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるで違う風貌をしていた。
 家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は、遺品を整理しながら、父の足跡をたどっていく。すると、意外な事実を突きつけられていくのだった。
 豊かな自然が残る南房総の暮らしを通して、文哉は自らの人生を見つめる時間をすごしていた。そんなある日、元彼女からメールが届く。
 果たして、都会を捨て、田舎に逃げてきただけなのか? あれから一年。自問の末、文哉が踏み出す新たな一歩とは?
 幸せのあり方を問う感動のロングセラー続編、いきなり文庫で刊行。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

"海が見える家を以前読んでいたため、その続編であるこの本を購入させていただきました。生活することの目的は生きるためであり、それは""普通""に会社に勤めて""普通""に暮らすことに縛られはしない、といった、当たり前だが忘れがちなことを思い出させてくれました。わたしもこの主人公文哉のように、苦労しながらものびのびと、時間に余裕のある暮らしがしたいと強く感じました。数年後、この夢が実現するようにこれから野菜のこと、海のことなど、たくさん勉強しています。批判されがちな生き方を肯定的に照らしていただけましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。"(20代 女性) 2021.5.8

書店で、本のタイトルとともにカバーの絵に目が留まり、即、「読んでみたい」と、『海が見える家』と2冊購入しました。 自然の描写が素敵で眼の前に美しい風景が広がるとともに、文哉の生き方・考え方が徐々に変わっていく様にひかれ一気に読んでしまいました。(60代 女性) 2021.2.27

地元の南房総市がぶたいになっているので。親近感が湧いて❣(50代 女性) 2021.1.27

最初から最後までスラスラ読める内容でとても良かったです。(10代 男性) 2021.1.13

はらだみずきさんの作品が好きで、前作に続き購入しました。 今作も非常によかったです。(40代 男性) 2020.11.26

前作を読んで気に入っていたため、続編が出ているのを書店で見かけ、迷わず購入致しました。 今、私は就活をしなければならない時期で、地方に戻る選択肢と東京に残る選択肢で迷っています。この本を読んだからといって、絶対東京を離れると決められるわけではないですが、自分の中でモヤモヤしていたものがすっきりしました。一文一文が刺さりました。(20代 女性) 2020.11.4

前作を読んでいたので(40代 女性) 2020.11.1

タイトルを見間違えて、荻原浩さんの、海の見える理髪店の続編だと思って買いました。 どんな仕事をしてどんな日常を送っていても共通の、人や地域と関わりながら生きることの面白さや大変さが生き生きと描かれていて、読んでいてとても楽しかったです。等身大の主人公の描き方は、自分の体験に敷衍できるところが多く、励まされる物語でした。(50代 女性) 2020.10.26

はらだみずきさんの作品ということで購入しました これまではらだみずきさんの作品は何本も読んでいてすべて名作、そして面白い。 今までサッカーの小説しか読んでいなかったので少し面白いのか不安でしたが、少し読んだだけで面白いと感じました。 意外とありそうな話で、こういう生活に憧れました ほかの作品も読んでみたいです(10代 男性) 2020.10.25

1作目は書店店頭で地元が出てくるので興味を持って買って読んだら面白くて続きが出たら読みたいと思っていました。これから楽しんで読みたいと思います。身近な知っている場所が出てくるのが楽しみです❣(50代 女性) 2020.10.9

あなたにオススメ!

  • 海と月の喫茶店
  • ぼくたちと駐在さんの700日…
  • ぐるぐる問答 森見登美彦氏対…
  • 女子は、一日にしてならず
  • 八月の光・あとかた
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ