氷と蜜
ためし読み
定価
本体630円+税
発売日
判型/頁
文庫判/256
ISBN
9784094067781

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
本邦初!究極の“かき氷グルメ"小説!
 三年前、陶子は奈良の氷のお祭りで母とともに「日進月歩」というかき氷を食べた。初めての味に感激したが、母の笑顔を見るのはその日が最後となってしまった。それ以降「日進月歩」と削り手の炎炎老師を追い求める陶子は、「氷の月光伯」という異名まで持つ有名かき氷マニアの恋人・一輝と二人で氷を食べ歩いていた。しかし些細なすれ違いをきっかけに失恋、氷への熱も冷めかけてる。
 そんな折、脱サラして亡き母の喫茶店を受け継ぎ、コーヒーとサンドイッチの店「タカサキコーヒー」を切り盛りする父・大輔が、相談もなく氷削機を買ってきた。かき氷のコンテストに出るという。
 母が体調を崩したのはかき氷のせいだと思っている妹の沙羅は父に反発する。陶子も乗り気ではなかったが、大学でかき氷サークルに所属する友人・瑞希に巻き込まれ、大輔のかき氷作りに参加することになった。コンテストに出せるレベルの味を見つけるため、陶子たちは大阪中のかき氷を食べ歩くが……。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第1回日本おいしい小説大賞最終候補作。
選考委員の山本一力氏からは、「脳髄を激しく刺激された一作だった。本作を読んだことで、数度もかき氷を食べに出向かされた」と高く評価された。
聖地・奈良とブーム真っ只中の大阪を舞台に、
名店の味を食べつくす唯一無二のかき氷グルメ小説です。
〈 電子版情報 〉
氷と蜜
Jp-e : 094067780000d0000000
本邦初!究極の“かき氷グルメ"小説!

 三年前、陶子は奈良の氷のお祭りで母とともに「日進月歩」というかき氷を食べた。初めての味に感激したが、母の笑顔を見るのはその日が最後となってしまった。それ以降「日進月歩」と削り手の炎炎老師を追い求める陶子は、「氷の月光伯」という異名まで持つ有名かき氷マニアの恋人・一輝と二人で氷を食べ歩いていた。しかし些細なすれ違いをきっかけに失恋、氷への熱も冷めかけてる。
 そんな折、脱サラして亡き母の喫茶店を受け継ぎ、コーヒーとサンドイッチの店「タカサキコーヒー」を切り盛りする父・大輔が、相談もなく氷削機を買ってきた。かき氷のコンテストに出るという。
 母が体調を崩したのはかき氷のせいだと思っている妹の沙羅は父に反発する。陶子も乗り気ではなかったが、大学でかき氷サークルに所属する友人・瑞希に巻き込まれ、大輔のかき氷作りに参加することになった。コンテストに出せるレベルの味を見つけるため、陶子たちは大阪中のかき氷を食べ歩くが……。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

学校の読書の時間用に買ったのですが、学校に持っていく前に1回読んでみてとても面白かったです! かき氷の描写がとてもいいなぁと思いました。読んでいるとかき氷の見た目や食感、味が思い浮かんできます。思わずかき氷が食べたくなる、夏の涼しい気分を味わいたい時にぴったりな一冊ですね。(10代 女性) 2020.6.26

あなたにオススメ!

  • 人類は衰退しました 6
  • 冥土ごはん 洋食店 幽明軒
  • ガンバ! Fly high …
  • 付添い屋・六平太 麒麟の巻 …
  • 教場
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ