小学館文庫

浄瑠璃長屋春秋記 潮騒

浄瑠璃長屋春秋記 潮騒
ためし読み
定価
本体640円+税
発売日
判型/頁
文庫判/288
ISBN
9784094067620
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
「よろず相談」承る浪人、弱き者を救う。
弟に家督を譲り、浪人となって、陸奥から江戸へ出てきた青柳新八郎。
裏店にひとり『よろず相談承り』の看板を掲げ、なんとか食い扶持をやりくりしている。
今日は、妻の志野が姿を現しそうな、義父・狭山作左衛門の墓まで足を向けてみた。
実は、数年前に行方が知れなくなった志野を探すため、昼夜を分かたず、市中を歩き回っているのだ。
だが、目算が外れた新八郎は肩を落として、近くの水茶屋へ。
水茶屋には、一人娘を亡くしたという、呉服屋「佐原屋」の内儀・おいねが――。
静かに涙を拭うおいねと知り合ったその翌日、どうにも懐が寂しくなってきた新八郎は、仕事を紹介してもらおうと、口入れ屋金兵衛の「大黒屋」へ出向く。
大御番衆・安藤仁右衛門の娘・菊野を、金貸しの仲介をしているお濃から取り戻す仕事を請け負ったのだ。
すぐさまお濃に直談判しに行ったはいいものの、なんと、当の菊野が「もう安藤家には帰りません」と言うではないか……。
『よろず相談承り』の看板を頼ってくる、哀しくて切ない事件を解決する一介の浪人。
胸を打つ時代小説、シリーズ第二弾。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
シリーズ第一弾は発売即重版となりました。
テレビドラマ化された時代劇「桂ちづる診察日録」(原作『藍染袴お匙帖』シリーズ)でも人気を博した時代作家が描く江戸情緒をお楽しみください。
〈 目次をみる 〉
第一話 潮騒
第二話 雨の声
第三話 別れ蝉

あなたにオススメ!

  • 付添い屋・六平太 姑獲鳥の巻…
  • 突きの鬼一 岩燕
  • 姉上は麗しの名医
  • 大正野球娘。 1
  • 口中医桂助事件帖 春告げ花
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ