小学館文庫

咎人の刻印

咎人の刻印
ためし読み
定価
638円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/240
ISBN
9784094067606

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/04/07
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
《吸血鬼×殺人鬼》のダークファンタジー!
「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。
「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」
 探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。
「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」
 神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。
 これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!

〈 電子版情報 〉
咎人の刻印
Jp-e : 094067600000d0000000
《吸血鬼×殺人鬼》のダークファンタジー!

「令和の切り裂きジャック」と畏れられる殺人鬼・神無が、自分に愛を告げる女を手にかける理由は――相手の体を裂いてまで探しているものは、たったひとつだ。
「人は、誰かに対して『愛してる』って言うだろ。でも、その愛って何処にあるんだろうと思って」
 探しものを見つけることができない青年の前に現れたのは、陶器人形のような美しい少年・御影。
「それが欲しいなら、おいで。愛してあげる」
 神無が招かれたのは、都心にあってそこだけ異空間のような古びた洋館だった。ここで一緒に暮らすのだと、御影は平然と神無に告げる。そのあまりに強引な展開に戸惑う暇もなく、すぐに神無は身をもって御影の正体を知ることになる。御影は、ひとの生き血を吸う吸血鬼だったのだ。
 これは、罪を犯して人の道を外れ、罰の証の如くスティグマと呼ばれる刻印を身に宿した、異能の者達の、血塗られた戦いの物語。……究極のダークファンタジー、始動!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

作家さん作品が読みやすくて好きなので新しい作品にも興味深く購入しました。アタリでした! また、つづきが楽しみです。(40代 女性) 2021.5.15

表紙に惹かれて買いました。(10代 女性) 2021.3.26

結構前からこの本を買いたいなと思ってて、やっと今回買えたと言うところです。蒼月先生の本を読むといつもそうなのですが、ページをめくる手が止まらなかったです。読んで良かったと思える内容でした!(10代 女性) 2021.3.7

蒼月海里さんが元々好きで、題名表紙、テーマなどに惹かれたため手に取りました(10代 女性) 2020.12.17

表紙、タイトルのかっこよさとあらすじから興味を持って購入しました。もともと著者の小説が好きだったのもあって買うことを即決しました。非現実的な内容だけど、現実のなかに通づるものがあってとても面白かったです。(10代 女性) 2020.12.11

購入のきっかけ 蒼月先生の「幻想古書店で珈琲を」を読み、ずっと続けて他のシリーズも読みました。新しいシリーズが出たとのことで内容紹介を読んだとき、「今回はやめよう」と思っていました。でも、noteでミニエピソードを読み、Amazonの試し読みを読んで、血なまぐさいだけの本ではなく、いつものように蒼月先生の優しさが感じられたので、購入しました。 読んでみて、やはり温かいものでした。2巻も買ったので読むのが楽しみです。(50代 女性) 2020.12.9

カバー絵とあらすじにひかれて購入しました。事件ものや人ならざるものが出てくるお話が好きなので、これは自分が好きなタイプの話だなと思い。読んでみたらすっかりはまってしまい一気に読んでしまいました。(30代 女性) 2020.11.30

装丁とタイトルにインパクトを受けて。 図書館で見かけて借りたら、内容もキャラクターも面白く魅力的で引き込まれました。 何回も読みそうで、結局買わなくては!?と購入することに(笑)(40代 女性) 2020.10.6

蒼月先生の初のダークファンタジーと聞いて購入しました。 蒼月先生の作風そのままで今までの作品と違った世界観でとても面白かったです。(10代 女性) 2020.7.16

神無と御影2人のやりとりが癒されて良かったです。服やご飯をつくる優しい保護者な感じをだす御影の描写やふとした瞬間に対等な関係にみえたり、とにかく2人が良かったです。後半少しかけ足ぎみな展開が気にはなりましたが その分戦闘後の日常の小話が入ってて嬉しかったです。ぜひまた続きがよみたいです。  (よく買うとらのあなやアニメイトの通販サイトで検索してもでてこなくて入荷してないのか残念です...)(30代 女性) 2020.5.27

あなたにオススメ!

  • 俺、ツインテールになります。…
  • 路地裏に怪物はもういない
  • 僕を成り上がらせようとする最…
  • 夢にみるのは、きみの夢
  • 双血の墓碑銘
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ