小学館文庫

死ぬがよく候〈五〉 雲

死ぬがよく候〈五〉 雲
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
文庫判/320
ISBN
9784094067484
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
秘剣を遣う元隠密廻り、ふたたび旅に出る!
深くからんだ故あって、廻国旅に出ていた元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛は、今では日本橋の路地裏に並ぶ陰間茶屋の一軒に居候している。
奉行所勤めの頃には「南町の虎」と恐れられ、遊行中には「百人斬り」と噂された剣の腕前を買われて、厄介事を起こす酔客を追い払うべく、用心棒を引きうけているのだ。
今日も、年端もいかぬ子を小脇に抱えた侍が刀を抜いて、取籠っているとの報せがあった。
急ぎ駆けつけて、侍の話を聞いてみれば、古河藩土井家八万石の勘定方・向井誠三郎と名乗るではないか。
なんでも、出世のために家財道具一切を質に入れ賄賂を贈り、さらには家中随一の美人と評された妹・琴乃までをも人身御供に差しだしたらしい。
だが、昇進の約束を反故にされたうえに、逃げ出した妹を成敗して来いと、無法無体な命を下されてしまう。
しかも下したのは妹の夫・楡木兵庫。
養子の兵庫は酒乱で、責めに耐え兼ねた先妻が首を縊って死んだという……。
苦境に立たされた兄妹を救うため、八郎兵衛は上州に建つ満徳寺へ向かうも、日光街道を迂回する。
なにか策があるのか?

一気読み、徹夜必至の剣豪放浪小説、最終巻! シリーズ大重版!!
〈 目次をみる 〉
満徳寺ふたり連れ
巴波川の竜神
例弊使の用心棒
岩藤成敗

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

書店で見て、坂岡真さんの作品は必ず購入します。 展開もテンポよく、私に迫ってきます。あたかも、その時代に居るかのようなわくわく感、臨場感はとても楽しいものです。(70代 男性) 2020.3.17

あなたにオススメ!

  • 姉上は麗しの名医
  • 突きの鬼一 雪崩
  • 付添い屋・六平太 獏の巻 嘘…
  • 北前船用心棒 赤穂ノ湊 犬侍…
  • 提灯奉行 一寸法師の怪
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ