小学館文庫

死ぬがよく候〈四〉 風

死ぬがよく候〈四〉 風
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
文庫判/304
ISBN
9784094067361
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
か弱き女のために振るう剣は立身流の秘剣!
か弱き女を助け、救いようのない悪党を斬って捨てる諸国放浪の旅から、三年ぶりに江戸へと戻ってきた元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛は、干鰯問屋・蝦夷屋利平の警固を請け負った。
事情を訊けば、「蔵を荒らして火を付ける。家人はみなごろしにする」と残忍極まりない百足小僧の一味から狙われているという。
用心棒稼業で糊口を凌いでいたある日、八郎兵衛は偶然、元上役で吟味方与力・田所采女の屋敷前で許嫁だった京香の姿を目にする。
どうにも胸がすっきりせぬうち、雪降る闇夜に紛れて、首魁の陣五郎が蝦夷屋に押し込んできた。
八郎兵衛は見事、立身流の秘剣豪撃で陣五郎を葬り、役目を果たしたのだが、雇い主の利平が行方不明に――。
しかも、かつて煮え湯を飲まされた田所の罠に嵌まり、夜鷹殺しの罪を着せられ、捕縛されてしまう。
拷問蔵で今にも責め殺される直前、思いも寄らぬ人物に救い出された八郎兵衛は、驚愕の事実を耳にする。
なんと、一刀両断したはずの陣五郎が生きているというのだ。
「南町の虎」と盗賊に恐れられ、奉行所の者には煙たがられた八郎兵衛が、巨悪を葬るため、奥州路を北へ向かう。
大反響の剣豪放浪小説、シリーズ第四弾!

あなたにオススメ!

  • 付添い屋・六平太 獏の巻 嘘…
  • 付添い屋・六平太 鵺の巻 逢…
  • 付添い屋・六平太 鷺の巻 箱…
  • 付添い屋・六平太 天狗の巻 …
  • 国芳一門浮世絵草紙 4 浮世…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ