小学館文庫

黒と白のはざま

黒と白のはざま
ためし読み
定価
1045円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/496
ISBN
9784094067347

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/01/07
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
話題の胸アツ法廷エンタメ小説、待望の続編
クー・クラックス・クラン誕生の地、テネシー州プラスキ。幼い日、目の前で彼らに父を殺された黒人弁護士ボーは、45年後の父の命日に復讐殺人の疑いで逮捕された。親友の冤罪を晴らすべく、70歳のロースクールの元教授トムと熱血漢の教え子リックの老若弁護士コンビが法廷に立つ。あまりにも不利な状況の中、「負け知らず」の女性検事を相手に二人の反撃が始まるがーー。胸アツエンタテインメント『ザ・プロフェッサー』の続編が、大好評にお応えして登場です。解説は、前作読了後に「出版してくれてありがとう。続編もぜひ出して下さい!」と直接編集部にラブコールを下さった、落語家の林家正蔵さんです。
〈 電子版情報 〉
黒と白のはざま
Jp-e : 094067340000d0000000
話題の胸アツ法廷エンタメ小説、待望の続編。

クー・クラックス・クラン誕生の地、テネシー州プラスキ。幼い日、目の前で彼らに父を殺された黒人弁護士ボーは、45年後の父の命日に復讐殺人の疑いで逮捕された。親友の冤罪を晴らすべく、70歳のロースクールの元教授トムと熱血漢の教え子リックの老若弁護士コンビが法廷に立つ。あまりにも不利な状況の中、「負け知らず」の女性検事を相手に二人の反撃が始まるがーー。胸アツエンタテインメント『ザ・プロフェッサー』の続編が、大好評にお応えして登場です。解説は、前作読了後に「出版してくれてありがとう。続編もぜひ出して下さい!」と直接編集部にラブコールを下さった、落語家の林家正蔵さんです。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

最後のスカッとするのがたまらない(20代 男性) 2021.4.24

『プロフェッサー』を読んでいて面白かったから購入した(60代 男性) 2020.11.12

シリーズ1冊目『ザ・プロフェッサー』を読み、面白かったので。(50代 女性) 2020.9.5

前作と同様、それ以上に面白かったです。前作で退治してもう今作ではもう出てきてほしくないと思っていた悪役が現れたときは読んでいて頭を抱えましたが、今作の最後で無事に捕らえられたので安心しました。 シリーズ3作品めも本当に楽しみにしています!(20代 女性) 2020.4.27

前作が面白かったので続けて購入(50代 女性) 2020.3.23

前作を読んでとても引き付けられたので。次も早く出ないかと待ち遠しいです。(50代 女性) 2020.2.25

久しぶりに法廷ものを読んでみたくて探していたら、先ずプロフェッサーの評価が高く、いつか買ってみようと思い最近になって購入しました。読みやすい、わかりやすい、さらに面白さは満点=満足。一気読みしたあと、すぐ、次作を予約しました。私は、この作品で1番最後に必ず何がしらの感動を覚えました。小説の中の人物たちそれぞれの感情や心の中の葛藤までも憑依したような気分になりました。素晴らしい作品でした。次作がまちどうしくてたまりません。(50代 女性) 2020.1.27

前作がとてもよかったので続きを待っていました。 信頼し合う師弟関係や夫婦関係、アメリカならではの人種の問題の影など、すこしベタかなというところもありますが、丁寧に描かれ、ミステリーとしても引っ張って読ませてくれる良作です。 次作、次々作の刊行もお待ちしております。(50代 女性) 2020.1.18

あなたにオススメ!

  • ラスト・トライアル
  • ボンベイ、マラバー・ヒルの未…
  • 喪われた少女
  • ガラスの虎たち
  • グリーン・マイル 上
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ