小学館文庫

ロボット・イン・ザ・スクール

ロボット・イン・ザ・スクール
ためし読み
定価
本体820円+税
発売日
判型/頁
文庫判/400
ISBN
9784094067156

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/11/06
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
大好評シリーズ第3弾!ぽんこつロボ学校へ
30代のダメ男ベンが幼児のようなぽんこつロボット・タングと出会い、世界半周の旅に出る姿を描いた「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。ベンと元妻エイミー、娘のボニーの3人と、タング、突然やってきたジャスミンのロボット2体という風変わりな家族を描いた「ロボット・イン・ザ・ハウス」。そんな大好評シリーズの第3弾が、いよいよ日本上陸!4歳になり、プレスクールに通い始めたボニー。ある日、突然タングが言い出した。「何で僕には学校がないの?僕も学校に行きたい」。果たしてタングは人間の学校に入学できるのか…?ケンカ、別れ、新たな出会い。毎日がてんやわんや、でもあったかくて愛おしい家族の日々に笑って泣ける、ハートフル小説。
 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
前作から約2年、お待たせしました、第3弾「ロボット・イン・ザ・スクール」がいよいよお目見えです。装画は本作も引き続き、酒井駒子さんの書き下ろしです。
そして、本シリーズの読者の皆さまに感謝を込め、このたび酒井駒子さんの「ロボット・イン・ザ・ガーデン」の装画をあしらった「タング・オリジナルトートバッグ」を抽選で50名様にプレゼントすることになりました!詳細は「ロボット・イン・ザ・スクール」オビをご覧下さい。たくさんのご応募をお待ちしています。
〈 電子版情報 〉
ロボット・イン・ザ・スクール
Jp-e : 094067150000d0000000
大好評シリーズ第3弾!ぽんこつロボ学校へ。

30代のダメ男ベンが幼児のようなぽんこつロボット・タングと出会い、世界半周の旅に出る姿を描いた「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。ベンと元妻エイミー、娘のボニーの3人と、タング、突然やってきたジャスミンのロボット2体という風変わりな家族を描いた「ロボット・イン・ザ・ハウス」。そんな大好評シリーズの第3弾が、いよいよ日本上陸!4歳になり、プレスクールに通い始めたボニー。ある日、突然タングが言い出した。「何で僕には学校がないの?僕も学校に行きたい」。果たしてタングは人間の学校に入学できるのか…?ケンカ、別れ、新たな出会い。毎日がてんやわんや、でもあったかくて愛おしい家族の日々に笑って泣ける、ハートフル小説。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

第1作の『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を酒井駒子さんの表紙に惹かれて手に取り、タングの可愛らしさ にすっかり魅せられてしまい、『ロボット・イン・ザ・ハウス』にほろりと涙し、今回偶然立ち寄った書店 で『ロボット・イン・ザ・スクール』を見つけたときには『あぁ、もう学校に行くようになったのか』と殆ど親戚のおばちゃん感覚ですぐに購入しました。 この一家が愛おしくて仕方ありません。(50代 女性) 2019.11.11

シリーズ1作目から追いかけてます 買ったばかりなので、読むのが楽しみです(30代 男性) 2019.11.11

ロボットインザガーデン、ロボットインザハウスを読んでいてずっと続編を待っていました 期待を裏切らない作品 タングだけでなく皆愛しいです(50代 女性) 2019.11.10

まず表紙が可愛くて、それに裏表紙のあらすじに惹かれ、3冊まとめて買いました。 初めて小説のシリーズ本を買いましたが、飽きずにすぐ読み終わりました。 時間を忘れるほど、とてもほんわかな気持ちで読むことができました。ありがとうございました。(20代 女性) 2019.11.10

表紙の絵に惹かれて、手に取ってみた。 タングは、ちょっとウザいけど、かわいい。(50代 女性) 2019.11.10

この、ロボットシリーズが大好きです。タングの、ロボットがゆえに不器用になってしまう場面や、そんなタングを優しく見守る家族にも心温まります。すごく微笑ましくて、それでもホロっと泣けてしまう素敵な本で大好きです。(20代 女性) 2019.11.10

ロボット・イン・ザ・ガーデンから好きな作品で書店で見かけたのですぐに購入しました。 タングがとても愛しく感じます。(30代 男性) 2019.11.10

劇団四季での舞台化を知って興味を持ち、原作を読んでみたいと思ったから。(20代 女性) 2019.11.10

第三弾、あるとは思わかったので、即買いました(50代 女性) 2019.11.10

前作がとてもよかったため。(20代 男性) 2019.11.10

あなたにオススメ!

  • iレイチェル
  • エッフェル塔くらい大きな雲を…
  • もつれ
  • ワン・プラス・ワン
  • ディセント 生贄の山
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ