娘を呑んだ道
ためし読み
定価
1100円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/432
ISBN
9784094067057

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/09/08
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
2019年「ガラスの鍵」賞受賞作!
3年前、スウェーデン北部の村、グリマストレスクで17歳の少女・リナが失踪した。
地元の学校で数学教師をする少女の父親・レレは、3年たった今も単独で娘の捜索を続けていた。
少女が失踪した朝、シルヴァーロード沿いのバス停までリナを送っていったのは父親だった。
娘をバス停で降ろしてからバスが来るまで15分、その間に誰かに連れ去られたのだろうというのが警察の見解だった。娘はバスに乗らなかった。

同じ頃、グリマストレスクに流れ着いた母娘がいた。
娘のメイヤは母親が男を変えるたび何度となく引っ越しをくり返してきたが、こんな遠くまでやって来たのは初めてだった。
母親のシリヤはこれが最後だと言った。
母親の新しい相手はトルビョルンと言った。メイヤからすれば祖父といってもおかしくない年齢だった。

その夏、リナが失踪したシルヴァーロードからほど近い場所で、17歳の少女・ハンナが行方不明になった。
この事件をきっかけに、レレとメイヤの運命が大きく動き出す――。

子を思う親の狂気が招いた悲劇を、北部スウェーデンの暗澹とした風土とともに描き出した、大型新人デビュー作。

2018年、スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」受賞。
2019年、北欧ミステリーの最高賞「ガラスの鍵」賞受賞。
同年スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」に輝いた傑作スリラー!
〈 電子版情報 〉
娘を呑んだ道
Jp-e : 094067050000d0000000
2019年「ガラスの鍵」賞受賞作!

3年前、スウェーデン北部の村、グリマストレスクで17歳の少女・リナが失踪した。
地元の学校で数学教師をする少女の父親・レレは、3年たった今も単独で娘の捜索を続けていた。
少女が失踪した朝、シルヴァーロード沿いのバス停までリナを送っていったのは父親だった。
娘をバス停で降ろしてからバスが来るまで15分、その間に誰かに連れ去られたのだろうというのが警察の見解だった。娘はバスに乗らなかった。

同じ頃、グリマストレスクに流れ着いた母娘がいた。
娘のメイヤは母親が男を変えるたび何度となく引っ越しをくり返してきたが、こんな遠くまでやって来たのは初めてだった。
母親のシリヤはこれが最後だと言った。
母親の新しい相手はトルビョルンと言った。メイヤからすれば祖父といってもおかしくない年齢だった。

その夏、リナが失踪したシルヴァーロードからほど近い場所で、17歳の少女・ハンナが行方不明になった。
この事件をきっかけに、レレとメイヤの運命が大きく動き出す――。

子を思う親の狂気が招いた悲劇を、北部スウェーデンの暗澹とした風土とともに描き出した、大型新人デビュー作。

2018年、スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」受賞。
2019年、北欧ミステリーの最高賞「ガラスの鍵」賞受賞。
同年スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」に輝いた傑作スリラー!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

北欧ミステリーが好きで、文庫のカバーの風景が、物語っているようだった。事実、自然描写の美しさと、極寒に迫る孤独感が、ストーリーを重厚なものにしている。ラストの感動が、とてつもなく素晴らしい。 (60代 女性) 2020.10.4

北欧ミステリーが好きではまっています。そして、最高賞の「ガラスの鍵」賞を受賞したと書いていたので読みたくなりました。(40代 女性) 2020.9.27

あなたにオススメ!

  • 警部ヴィスティング カタリー…
  • 喪失
  • 終身刑の女
  • 教場
  • 汚れなき子
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031