夜行
ためし読み
定価
本体610円+税
発売日
判型/頁
文庫判/304
ISBN
9784094067033

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/10/04
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

春風の花を散らすと見る夢は
さめても胸の騒ぐなりけり
--西行法師
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第156回直木賞候補作にして2017年本屋大賞ノミネート作品。
「ダ・ヴィンチ」プラチナ本オブ・ザ・イヤー2017 第1位。
第7回広島本大賞受賞。
数々の栄冠に輝いたベストセラー、ついに文庫化!
〈 電子版情報 〉
夜行
Jp-e : 094067030000d0000000
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

春風の花を散らすと見る夢は
さめても胸の騒ぐなりけり
--西行法師

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

本書と同じ作者の森見さんの熱帯を読み、友人らと読書会を開きました。その際に森見さんの夜行の話が話題になり、購入してみようと思いました。(10代 女性) 2020.1.20

森見登美彦さんの作品が大好きなため購入しました。(30代 女性) 2020.1.13

最後が意外すぎて面白かった。(60代 女性) 2020.1.10

森見作品の独特の文章。読んでいてこの作品もどんどんと引き込まれていく。(30代 男性) 2020.1.5

著者のファンだから。(30代 男性) 2019.12.30

以前に読んで、とても面白かったため、又文庫本が発売ということもあり、購入に至った。サイン会に是非行きたかったが、平日の夜ということもあり断念せざるを得なかった。休日を希望する。(10代 女性) 2019.12.30

とても満足しました。(10代 男性) 2019.12.28

森見登美彦さんの色々な作品を読んでみたいと思っていて、ちょうど夜行があったので購入しました。とても面白かったです。(10代 男性) 2019.12.27

タイトルにとても惹かれました。 夜行って、いいですね。(10代 女性) 2019.12.21

ずっと気になってて、 読みたいと思ってたら 偶然お店で見つけて 買いました。(10代 女性) 2019.12.13

あなたにオススメ!

  • 夜行
  • 僕の未来だった君へ
  • 永遠に解けないパズル
  • カール・エビス教授のあやかし…
  • 神様のカルテ0
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ