夜行
ためし読み
定価
本体610円+税
発売日
判型/頁
文庫判/304
ISBN
9784094067033

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/10/04
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

春風の花を散らすと見る夢は
さめても胸の騒ぐなりけり
--西行法師
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第156回直木賞候補作にして2017年本屋大賞ノミネート作品。
「ダ・ヴィンチ」プラチナ本オブ・ザ・イヤー2017 第1位。
第7回広島本大賞受賞。
数々の栄冠に輝いたベストセラー、ついに文庫化!
〈 電子版情報 〉
夜行
Jp-e : 094067030000d0000000
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。

春風の花を散らすと見る夢は
さめても胸の騒ぐなりけり
--西行法師

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

購入のきっかけは、単に「面白そう」と表紙を見て思ったからです。読んでいてこの本になんだか引かれていきました。この人の作品をまた読んでみたいです。 (10代 女性) 2020.10.18

森見登美彦氏の「熱帯」を以前に読んだ時に、私自身結婚前まで京大近辺に住んでいたので、その小説に出てくるその情景がありありと浮かび懐かしく、「夜行」もコロナ禍の中旅行も出来ず、きっと手に取るようにその場所に連れて行って貰えるのでは、と期待しています。 また直木賞本屋大賞W受賞で、情景に入れるだけでなく その巧みな文章表現に触れる嬉しさにワクワクしています。(60代 女性) 2020.10.2

本を購入したきっかけは「夜行」森見登美彦さんの本の帯に惹かれたからです。私はファンタジーや怪談、青春ものが好きなので全て描かれている小説をはじめてみて夢中になって読むことができました。学校の朝読書の時間で読んでいます!(10代 女性) 2020.9.28

見た目とあらすじに惹かれて買いました。(20代 女性) 2020.8.20

旅に出た感じを味わいたくて購入。旅に出つつ同時に奇妙な体験をしたかのように感じた。(20代 男性) 2020.8.9

とても面白くぐいぐい読んで行ったのですが、最後の章でさらに面白くなりもう一度読み返そうと今思っているところです。(60代 女性) 2020.7.27

知り合いに勧められ購入した(10代 女性) 2020.7.19

著者の森見登美彦さんがとても大好きで、すべての本を愛読させていただいているからです。(20代 女性) 2020.6.21

森見登美彦さんの作品は以前読んだことがあり、他の作品も読みたいと感じたので購入しました。読み進めていくとワクワクして、次の展開がとても気になる、引き込まれる作品でした。(10代 女性) 2020.6.14

初版にポストカードが付いていたから(10代 男性) 2020.5.20

あなたにオススメ!

  • 夜行
  • 僕の未来だった君へ
  • 永遠に解けないパズル
  • カール・エビス教授のあやかし…
  • 神様のカルテ0
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ