小学館文庫

死ぬがよく候〈三〉 花

死ぬがよく候〈三〉 花
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
文庫判/320
ISBN
9784094066838
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
巨悪を挫き、鬼畜を片づける一騎当千の剣!
 諸国遊行に生きる、元南町奉行所の隠密廻り同心・伊坂八郎兵衛は、半年ほど厄介になった名主・京屋忠右衛門とともに、越後出雲崎代官所へ足を踏み入れた。忠右衛門が世話を焼く新任代官の榊原兵庫が、重罪人を一刻も早く佐渡送りにしろとうるさいので、八郎兵衛に手伝ってほしいと頭を下げたのだ。なんでも、懸念の重罪人は、代官所に射られた矢文によれば、日本一の盗賊・霞の丑松という。公儀が捕縛に執念を燃やしているだけに、扱いひとつ誤れば己の首が飛ぶ――怖気づいた榊原は、まずは丑松本人かどうか、悪人どもから「南町の虎」と恐れられた八郎兵衛の目で確かめてくれと、金まで出す始末。渋々拷問蔵へと向かった八郎兵衛は、丑松らしき男を目にした途端、直感が働いた。腹に一物を抱えて数日。出雲崎を離れ、小千谷の木賃宿で足を止めた八郎兵衛に、泣きぼくろのある女が近づく。嘘か真か、女は丑松の情婦・おきくと名乗り、丑松殺しを引き受けてくれと妖しげに微笑んだ。首に賞金が懸けられながらも、次々に襲いかかる刺客たちを返り討ちにする八郎兵衛。だが、中山道板橋で思いも寄らぬ〈七曲がりの罠〉が仕掛けられていた!? 大反響の剣豪放浪小説、シリーズ第三弾!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
日本最悪の盗賊
意表を突く黒幕
会心のシリーズ大重版!
妖しげな首魁の女…依頼は嘘か真か?
ふたりの行く手をはばむ大嵐と濁流!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

坂岡先生の作品をよく読んでいます。面白い作品が多いので。(40代 男性) 2019.9.7

あなたにオススメ!

  • 鉄騎馬(メタルホース) 4
  • 夢幻∞シリーズ つくもの厄介…
  • 恋する仕立屋
  • 付添い屋・六平太 鵺の巻 逢…
  • 突きの鬼一 夕立
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ