小学館文庫

返却はお早めに あやかし文庫へようこそ

返却はお早めに あやかし文庫へようこそ
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
文庫判/256
ISBN
9784094066739

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/08/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
呪いの解決法が書かれた本は延滞中!?
 術師を生業としていた兄の命日に部屋へ黒い風が入り込んで以来、あやかしの姿が見えるようになってしまった有末かなで。ふわふわした喋る埃の塊のようなものに「呪い」だと言われ、対価(チョコレート)と引き換えに、「ひいらぎ文庫」に行けば呪いを解ける方法が書かれた本があるはずだと教えてもらう。
 次の日の放課後、枯れ草だらけの原っぱと林を越えてなんとか「ひいらぎ文庫」にたどりついたかなでだったが、玄関前に寝ていた金色のキツネのしっぽをうっかり踏んづけてしまう。そのキツネに男の声で文句を言われ、喋るキツネなのか動物の言葉までわかるようになったのか混乱するかなで。そんなかなでを「ひいらぎ文庫」の中へ招き入れてくれたのは、「ひいらぎ文庫」の室長で浮世離れした美貌の長谷川柊だった。
 ところが、かなでの目的の本は延滞中! 困るかなでを見かねた長谷川の厚意で、長谷川の式神だという喋るキツネの未明(みはる)を留守番役に、かなでは長谷川と一緒に延滞本を取り立てに行くことに。しかし、本の借主と一緒に本の行方がわからなくなっていて!?
 あやかし×本がもたらす、心に響く思い出の物語。
〈 電子版情報 〉
返却はお早めに あやかし文庫へようこそ
Jp-e : 094066730000d0000000
呪いの解決法が書かれた本は延滞中!?

 術師を生業としていた兄の命日に部屋へ黒い風が入り込んで以来、あやかしの姿が見えるようになってしまった有末かなで。ふわふわした喋る埃の塊のようなものに「呪い」だと言われ、対価(チョコレート)と引き換えに、「ひいらぎ文庫」に行けば呪いを解ける方法が書かれた本があるはずだと教えてもらう。
 次の日の放課後、枯れ草だらけの原っぱと林を越えてなんとか「ひいらぎ文庫」にたどりついたかなでだったが、玄関前に寝ていた金色のキツネのしっぽをうっかり踏んづけてしまう。そのキツネに男の声で文句を言われ、喋るキツネなのか動物の言葉までわかるようになったのか混乱するかなで。そんなかなでを「ひいらぎ文庫」の中へ招き入れてくれたのは、「ひいらぎ文庫」の室長で浮世離れした美貌の長谷川柊だった。
 ところが、かなでの目的の本は延滞中! 困るかなでを見かねた長谷川の厚意で、長谷川の式神だという喋るキツネの未明(みはる)を留守番役に、かなでは長谷川と一緒に延滞本を取り立てに行くことに。しかし、本の借主と一緒に本の行方がわからなくなっていて!?
 あやかし×本がもたらす、心に響く思い出の物語。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

かなでが兄の命日に妖が見えるようになってすごいと思い、そして長谷川と一冊一冊の本がもたらす思い出や事件?があり、面白くもあり、心が、優しさで埋まっといくような良い話だと思いました(10代 女性) 2019.8.15

あなたにオススメ!

  • えんま様の忙しい49日間 光…
  • 浅草ばけもの甘味祓い ~兼業…
  • 死神執事のカーテンコール 時…
  • 陰陽師と無慈悲なあやかし
  • 猫にはなれないご職業
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ