小学館文庫

拝み屋カフェ 巡縁堂

拝み屋カフェ 巡縁堂
ためし読み
定価
本体580円+税
発売日
判型/頁
文庫判/224
ISBN
9784094066678

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/07/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
和カフェの店主は、幼なじみの拝み屋さん
 結婚予定の恋人と、天職だと思っていた仕事をいっぺんに失った、不運すぎるアラサー女子の藤堂朱音は、傷心を抱えて東京から地元・仙台へと戻ってきた。ところが久しぶりに帰った実家はもぬけの殻で、両親とは連絡がとれない上に、二人そろって海外へ長旅に出かけたらしいと知り、朱音は途方に暮れる。
 そこへ救いの手を差しのべたのは、幼なじみで少し意地悪な金ケ崎玲二。実は彼は、朱音の祖父母宅をリフォームして「巡縁堂」という和カフェを始めることにした店主兼オーナーで、不可思議な現象に悩む人々を救う「拝み屋」でもあるのだという。
 巡縁堂は「憑かれた」者たちを救う駆け込み寺だと豪語する幼なじみを、「詐欺師なんじゃないか」と疑う朱音だったが、玲二の作る優しい料理に癒やされ、ついでに厄介な「憑きもの」も落とされて、やがて信じるように。
 あれよあれよという間に、なぜか助手として彼の仕事を手伝うことになってしまい……?
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
カバーイラスト:YANAMi
〈 電子版情報 〉
拝み屋カフェ 巡縁堂
Jp-e : 094066670000d0000000
和カフェの店主は、幼なじみの拝み屋さん。

 結婚予定の恋人と、天職だと思っていた仕事をいっぺんに失った、不運すぎるアラサー女子の藤堂朱音は、傷心を抱えて東京から地元・仙台へと戻ってきた。ところが久しぶりに帰った実家はもぬけの殻で、両親とは連絡がとれない上に、二人そろって海外へ長旅に出かけたらしいと知り、朱音は途方に暮れる。
 そこへ救いの手を差しのべたのは、幼なじみで少し意地悪な金ケ崎玲二。実は彼は、朱音の祖父母宅をリフォームして「巡縁堂」という和カフェを始めることにした店主兼オーナーで、不可思議な現象に悩む人々を救う「拝み屋」でもあるのだという。
 巡縁堂は「憑かれた」者たちを救う駆け込み寺だと豪語する幼なじみを、「詐欺師なんじゃないか」と疑う朱音だったが、玲二の作る優しい料理に癒やされ、ついでに厄介な「憑きもの」も落とされて、やがて信じるように。
 あれよあれよという間に、なぜか助手として彼の仕事を手伝うことになってしまい……?

あなたにオススメ!

  • えんま様の忙しい49日間 光…
  • えんま様の忙しい49日間 散…
  • やせっぽちの 死刑執行人 上
  • やせっぽちの 死刑執行人 下
  • おはなし!コウペンちゃん
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ