小学館文庫

永遠のPL学園

永遠のPL学園
ためし読み
定価
本体710円+税
発売日
判型/頁
文庫判/288
ISBN
9784094066630

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/07/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
最強野球部 誕生から謎の廃部までのすべて
甲子園春夏通算96勝、全国制覇7回を誇るPL学園野球部が、2016年夏をもって休部に追い込まれた。

1955年の学園創立と同時に誕生したPL学園野球部は62年春の選抜で甲子園初出場を果たし、78年夏に初の全国制覇を果たす。その試合ぶりから、「逆転のPL」が同校野球部の代名詞となった。

その後も、高校球史に名を残した桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」をはじめ、数々のスター選手を輩出。立浪和義、宮本慎也、松井稼頭央、福留孝介、前田健太ら、プロ野球に進んだOBは82人を数える。

そんな超名門野球部が、「謎の廃部」に追い込まれた。

最後の部員は特待生もいない「普通の高校生」の12人。著者は、連戦連敗しながらも必死に戦う彼らの成長を追うとともに、実名証言を積み上げ、廃部に至った真相を明らかにしていく。

そこには、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団の意向、監督に野球経験者を据えない学園の判断、「強いPLの復活」を求めるOBの声――様々な事情と思いが交錯していた。第23回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

文庫版では新証言をもとに、「伝説のKKドラフト秘史」などを書き下ろし。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第23回小学館ノンフィクション大賞を受賞した本作には、選考委員から絶賛のコメントが寄せられました。

◎高野秀行(ノンフィクション作家)
「抜群の取材力と高い完成度。PL野球部『栄光と凋落』の裏にあった秘史が描き出された」

◎三浦しをん(作家)
「名門校の重すぎる伝統を背負った『最後の12人』の必死の頑張りに、思わずジンときます」

◎古市憲寿(社会学者)
「多くの読者はPL野球部の異常さや崩壊を笑えないはずだ。本書は平成版『失敗の本質』である」

PL学園野球部を取り上げた書籍は数多くありますが、その創設の経緯や黄金期の圧倒的な強さの背景に、学園の母体であるPL教団の「信仰」が深くかかわっていたことを初めて詳細に明らかにしたのが本書です。2年以上をかけてPLの野球部、学園、そして教団関係者への取材を積み重ねた著者によって、「謎の廃部」の全貌が明らかにされます。
〈 電子版情報 〉
永遠のPL学園
Jp-e : 094066630000d0000000
最強野球部 誕生から謎の廃部までのすべて。

甲子園春夏通算96勝、全国制覇7回を誇るPL学園野球部が、2016年夏をもって休部に追い込まれた。

1955年の学園創立と同時に誕生したPL学園野球部は62年春の選抜で甲子園初出場を果たし、78年夏に初の全国制覇を果たす。その試合ぶりから、「逆転のPL」が同校野球部の代名詞となった。

その後も、高校球史に名を残した桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」をはじめ、数々のスター選手を輩出。立浪和義、宮本慎也、松井稼頭央、福留孝介、前田健太ら、プロ野球に進んだOBは82人を数える。

そんな超名門野球部が、「謎の廃部」に追い込まれた。

最後の部員は特待生もいない「普通の高校生」の12人。著者は、連戦連敗しながらも必死に戦う彼らの成長を追うとともに、実名証言を積み上げ、廃部に至った真相を明らかにしていく。

そこには、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団の意向、監督に野球経験者を据えない学園の判断、「強いPLの復活」を求めるOBの声――様々な事情と思いが交錯していた。第23回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

文庫版では新証言をもとに、「伝説のKKドラフト秘史」などを書き下ろし。

※この作品は『永遠のPL学園』(単行本版)の文庫版となります。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

高校野球に興味があり特に自分もKK世代なので関心があった。(50代 男性) 2019.7.10

あなたにオススメ!

  • 永遠のPL学園
  • 八月のプレイボール
  • 健太やります! 11
  • さわり
  • 逆境ナイン 6
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ