小学館文庫

死ぬがよく候〈二〉 影

死ぬがよく候〈二〉 影
ためし読み
定価
本体700円+税
発売日
判型/頁
文庫判/368
ISBN
9784094066593
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
悪党無頼どもを滅多斬る、無双無比の剛剣!
 南町奉行所が飼っていた「南町の虎」こと、元隠密廻り同心の伊坂八郎兵衛。とある由縁があって、許嫁を置いたまま、江戸を出奔。諸国流浪の最中、京で一夜限りの情を交わした廓の女を追って、北国街道を下っていた。許嫁と瓜二つの端女郎・葛葉が忘れられなかったのだ。
 宿場宿場で半端者を撫で斬り、金の亡者を一刀両断しつつ、さらに下って、ついに行き着いた金沢で、色気が匂い立つ武家の妻女から、思いも寄らぬ依頼を受けた。なんと、「主人の利き腕を折ってほしい」と頭を下げるのだ。
 冨田流小太刀の達人である主人・上川兵馬が御前試合を目前に控えているが、絶対に勝たせるわけにはいかないらしい。さすがに見ず知らずの者の腕を折るのは忍びなく、右肘を捻じ曲げて、骨を外してくれたのはいいものの、帰りの道中で闇討ちに。胸に矢を受け、死に損ないとなりながら、八郎兵衛が事情を嗅ぎ回ってみれば、上川の妻はすでに亡くなっているという。しかも、御前試合を巡って、莫大な金が動いていた。加賀藩の用人部屋を牛耳る組頭の悪巧みを知った八郎兵衛は……。極悪人を真っ二つに斬り捨てる立身流の剛剣が、今日も北国街道で唸りを上げる! 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
放浪チャンバラ2ヶ月連続刊行!
無敵の秘剣・豪撃(こわうち)!
元隠密廻り同心、
恋と情けの乱れ斬り!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

坂岡先生の本は良く読んでいます。期待通り面白いです。(40代 男性) 2019.7.5

あなたにオススメ!

  • 脱藩さむらい
  • 提灯奉行 一寸法師の怪
  • 突きの鬼一 赤蜻
  • 付添い屋・六平太 獏の巻 嘘…
  • 付添い屋・六平太 天狗の巻 …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ