小学館文庫

そして8日目に愛を謳った。

そして8日目に愛を謳った。
ためし読み
定価
本体580円+税
発売日
判型/頁
文庫判/256
ISBN
9784094065978

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/01/25
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
世界が終わる前に探し出した、本当の自分
 わたしはこの世界が嫌いだ。
 そんな気持ちを誰にも知られないように、周りが期待する「わたし」らしさを装って、当たり障りのないよう生きてきた女子高生の佐伯真魚。ある日、差出人不明の手紙で校舎の屋上に呼び出された真魚は、手紙の送り主がクラスメイトの九条シキだと知って驚く。いつも暗い雰囲気を漂わせて教室の隅にいる九条。だが、目の前の九条は晴れやかな笑顔を見せている。そしてその背中には、白く大きな翼が。人畜無害だと思っていた地味な男子生徒が、実は天使を演じるイタい人種だった…? そっと引き返そうとする真魚に、九条は謎めく言葉を告げた。
「佐伯さん、聞いて。あと七日で世界が終わるんだ」
 世界を滅ぼすかどうかの選択者に、真魚を選んだという自称・天使の九条。そして滅亡を避ける方法は、真魚自身をこの世界から消す、というものだった。九条の言葉を信じられない真魚だが、翌日、いつもの景色から何かが失われていることに気づいてしまう――。
 世界の未来をその手に握る真魚が、最後の一週間で見つけた“答え"とは? 若者の圧倒的支持を集める沖田円が描く、感動の青春小説!





〈 電子版情報 〉
そして8日目に愛を謳った。
Jp-e : 094065970000d0000000
世界が終わる前に探し出した、本当の自分。

 わたしはこの世界が嫌いだ。
 そんな気持ちを誰にも知られないように、周りが期待する「わたし」らしさを装って、当たり障りのないよう生きてきた女子高生の佐伯真魚。ある日、差出人不明の手紙で校舎の屋上に呼び出された真魚は、手紙の送り主がクラスメイトの九条シキだと知って驚く。いつも暗い雰囲気を漂わせて教室の隅にいる九条。だが、目の前の九条は晴れやかな笑顔を見せている。そしてその背中には、白く大きな翼が。人畜無害だと思っていた地味な男子生徒が、実は天使を演じるイタい人種だった…? そっと引き返そうとする真魚に、九条は謎めく言葉を告げた。
「佐伯さん、聞いて。あと七日で世界が終わるんだ」
 世界を滅ぼすかどうかの選択者に、真魚を選んだという自称・天使の九条。そして滅亡を避ける方法は、真魚自身をこの世界から消す、というものだった。九条の言葉を信じられない真魚だが、翌日、いつもの景色から何かが失われていることに気づいてしまう――。
 世界の未来をその手に握る真魚が、最後の一週間で見つけた“答え"とは? 若者の圧倒的支持を集める沖田円が描く、感動の青春小説!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

小説を生まれて初めて買ったので難しそうではない本のタイトルと表紙に惹かれ、あらすじを読み、読みたいという気持ちになりました。 読んでみると私自身と重なることも多くあり、後半は号泣でした。(10代 女性) 2019.4.9

とても感動しました。 沖田円さんがかく本はすべてほかの著者と違った世界観があり、その中に引き込まれます。次の作品も楽しみにしています。(10代 女性) 2019.3.15

すごく絵が綺麗で、面白そうだなと思ったから、買いました(10代 女性) 2019.3.4

沖田円さんの本がずっと好きで1冊目から全部集めてます。最後は毎回こう来たかと予想通りにいかなくてでも納得のいく終わり方で読んでいて続きを知りたいと毎回思います。是非、続編お願いします!(10代 女性) 2019.1.27

沖田さんの作品は、世界観がとても好きです。 私も学生なので、共感したりできるシーンが沢山あります。私たち読者に感動とワクワクを届けて下さり、ありがとうございます!(10代 女性) 2019.1.24

沖田円さんの作品がすごく好きで、ストーリーの流れや書き方が特に好きで、新刊が出るとTwitterの方で見かけたので早速買いました!!  今回の作品、ハラハラする場面やヒヤヒヤする場面、ほっこりする場面が鮮明に描かれていて凄く感情移入がしやすかったです! (10代 女性) 2019.1.14

あなたにオススメ!

  • 1518! イチゴーイチハチ…
  • GJ部 (2)
  • 武田双雲の「書いて」夢をかな…
  • 太平洋戦争 最後の証言 第一…
  • 先生に向いていないかもしれな…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ