小学館文庫

死神憑きの浮世堂 迷宮の戻り人

死神憑きの浮世堂 迷宮の戻り人
ためし読み
定価
本体580円+税
発売日
判型/頁
文庫判/0
ISBN
9784094065831

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/11/22
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
人形修理師は過去の記憶に囚われる――
人形修理工房〈浮世堂〉の主人・城戸利市のもとに、悪友の僧侶・愚浄から日本人形がらみのトラブル解決依頼が舞い込む。依頼主は伊武冬馬。ドイツの血を引く青年だった。利市は冬馬に不思議な縁を感じて……。
「骸屋」という家業の一族は、依頼者が頼んだ愛する死者の身体を時代を超えて保存し続け、あるタイミングで別の人間から魂を奪いその死者に移す。魂を奪われた人間は死ぬのだ。
骸屋の技を継ぐものは永遠の命を得て死なない。そんな一族に現代の人形修理師・利市が挑む、絶品オカルト・ロマン! ゾクゾクと哀しみが止まらない・・・!
〈 電子版情報 〉
死神憑きの浮世堂 迷宮の戻り人
Jp-e : 094065830000d0000000
人形修理師は過去の記憶に囚われる――。

人形修理工房〈浮世堂〉の主人・城戸利市のもとに、悪友の僧侶・愚浄から日本人形がらみのトラブル解決依頼が舞い込む。依頼主は伊武冬馬。ドイツの血を引く青年だった。利市は冬馬に不思議な縁を感じて……。
「骸屋」という家業の一族は、依頼者が頼んだ愛する死者の身体を時代を超えて保存し続け、あるタイミングで別の人間から魂を奪いその死者に移す。魂を奪われた人間は死ぬのだ。
骸屋の技を継ぐものは永遠の命を得て死なない。そんな一族に現代の人形修理師・利市が挑む、絶品オカルト・ロマン! ゾクゾクと哀しみが止まらない・・・!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

中村ふみさんの作品は、ひとの心の揺れを丁寧に描いていて、その奥深さが好きです。ダークファンタジーの第一人者ですね。(40代 女性) 2018.12.1

作者中村ふみの本、夜見師をきっかけに面白いので、何冊か購入しました(60代 女性) 2018.11.8

あなたにオススメ!

  • えんま様の忙しい49日間
  • えんま様の忙しい49日間 散…
  • 学園ゴーストバスターズ 夏の…
  • AFTER 4
  • 女神様の料理帖 恋の予感と思…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ