小学館文庫

唐牛伝 敗者の戦後漂流

唐牛伝 敗者の戦後漂流
ためし読み
定価
本体870円+税
発売日
判型/頁
文庫判/576
ISBN
9784094065794
〈 書籍の内容 〉
六〇年安保に火をつけた男の全生涯
装甲車を乗り越えよ――。その男は国会前に群がった学生たちに咆哮すると、車の上から、警官隊にダイブした。全学連委員長・唐牛健太郎。六〇年安保はこの男の情念が火を付けた。

しかし、500万人の男を熱狂させた「政治の季節」は岸信介政権退陣とともに過ぎ去る。ともに闘った若者たちは社会に戻り、高度経済成長を享受した。

唐牛健太郎だけはヨットスクール経営、居酒屋店主、漁師と職を変え、日本中を漂流した。彼はなぜ、“何者か"になることを拒否したのか。ノンフィクション作家・佐野眞一が北は紋別、南は沖縄まで足を運んだ傑作評伝。

◎解説 「敗者への深い想い」 ――川本三郎(評論家)
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「昭和の妖怪」岸信介と対峙し、「聖女」樺美智子の十字架を背負い、「三代目山口組組長」田岡一雄と「最後の黒幕」田中清玄の寵愛を受け、「思想界の巨人」吉本隆明と共闘し、「不随の病院王」徳田虎雄の参謀になった全学連元委員長、47年の軌跡です。文庫化に際しては、「盟友・西部邁の自裁死」についてや、青年期の唐牛に大きな影響を与えた「函館の番長」の追跡調査など、追加取材の上、大幅加筆しています。
〈 目次をみる 〉
まえがき
第一章 装甲車を乗り越えよ
第二章 革命前夜
第三章 闇に蠢く
第四章 逃避行
第五章 闘士たちのその後
第六章 与論・紋別・喜界島
第七章 名もなき死
あとがき
文庫版のための短いあとがき
解説 敗者への深い想い
〈 電子版情報 〉
唐牛伝~敗者の戦後漂流~
Jp-e : 094065790000d0000000
六〇年安保に火をつけた男の全生涯。

装甲車を乗り越えよ――。その男は国会前に群がった学生たちに咆哮すると、車の上から、警官隊にダイブした。全学連委員長・唐牛健太郎。六〇年安保はこの男の情念が火を付けた。

しかし、500万人の男を熱狂させた「政治の季節」は岸信介政権退陣とともに過ぎ去る。ともに闘った若者たちは社会に戻り、高度経済成長を享受した。

唐牛健太郎だけはヨットスクール経営、居酒屋店主、漁師と職を変え、日本中を漂流した。彼はなぜ、“何者か"になることを拒否したのか。ノンフィクション作家・佐野眞一が北は紋別、南は沖縄まで足を運んだ傑作評伝。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた同名タイトル の文庫版となります。

あなたにオススメ!

  • 唐牛伝 敗者の戦後漂流
  • 平成史
  • 十三億分の一の男 中国皇帝を…
  • 人民元の興亡 毛沢東・鄧小平…
  • 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ