〈 書籍の内容 〉
女の人生は、惚れた男で決まる。
 北海道最東端・根室は、国境の町である。戦前からこの町を動かし、人格者として知られる河之辺水産の社長には、三人の娘がいた。
 長女智鶴は政界を目指す大旗運輸の御曹司に嫁ぎ、次女珠生は料亭「喜楽楼」の芸者を経て相羽組組長の妻となり、三女早苗は金貸しの杉原家の次男を養子にして実家の家業を継ぐことになっている。
 昭和四十一年の国政選挙で、智鶴の夫・大旗善司は、北方領土の早期返還を公約に掲げ、初当選を果たした。選挙戦を支えたのは、珠生の夫である相羽重之が海峡でロシアとせめぎ合いながらかき集めた汚れ金だった。三姉妹はそれぞれの愛を貫き、男たちの屍を越え生きてゆく。
 直木賞作家が贈る波瀾万丈エンタメ!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
桜木版「宗家の三姉妹」!
北海道・根室海峡。三姉妹の愛と憎しみの華が咲く。
〈 電子版情報 〉

Jp-e : 094065780000d0000000
女の人生は、惚れた男で決まる。

 北海道最東端・根室は、国境の町である。戦前からこの町を動かし、人格者として知られる河之辺水産の社長には、三人の娘がいた。
 長女智鶴は政界を目指す大旗運輸の御曹司に嫁ぎ、次女珠生は料亭「喜楽楼」の芸者を経て相羽組組長の妻となり、三女早苗は金貸しの杉原家の次男を養子にして実家の家業を継ぐことになっている。
 昭和四十一年の国政選挙で、智鶴の夫・大旗善司は、北方領土の早期返還を公約に掲げ、初当選を果たした。選挙戦を支えたのは、珠生の夫である相羽重之が海峡でロシアとせめぎ合いながらかき集めた汚れ金だった。三姉妹はそれぞれの愛を貫き、男たちの屍を越え生きてゆく。
 直木賞作家が贈る波瀾万丈エンタメ!

※この作品は過去に単行本版として配信されていた同名タイトルの文庫版となります。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

今日購入したばかりでまだ読んでいないのですが、桜木紫乃先生の本が大好きです。 リアルな人物描写、よく登場する釧路の霧で白い湿度ある街…。以前よく北海道に行っていたので街の描写がとても的確なのでハッキリと思い出すことが出来ます。  ハッピーエンドでもなく、かといってバッドエンドでもなく、自分や身近にあるようなストーリーにいつもひきこまれます。 幼稚園児の育児中なので以前ほど本に没頭できないので短編集の方が読みやすいですが、<霧>を読むのが楽しみです。(40代 女性) 2018.11.19

桜木紫乃さんの大ファンです いつも、北海道の風景が盛り込まれ、道民には嬉しいです(50代 女性) 2018.11.12

あなたにオススメ!

  • 霧 ウラル
  • 外交の大問題
  • アメリカ大統領を操る黒幕
  • 憂国のラスプーチン 1
  • ガンバ! Fly high …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031