小学館文庫

絵草紙屋万葉堂 初春の雪

〈 書籍の内容 〉
女性記者さつきを描くシリーズ第2弾!
 絵草紙屋万葉堂のさつきと兄の喜重郎が初めて出した瓦版(読売)は、田沼意次・意知父子についてだった。恩人といえる意知の名誉をを回復したいという思いの内容だったため、世間の評判は良くなかった。
 次号の読売を、考えた末に近所の長屋での窃盗事件にしたさつき。犯人が「あやかし」ではという読売に対抗して、それとなく犯人がわかるように書いたため逆恨みされ、兄の喜重郎が刺されることに。犯人は、逃走してしまう。
 その次の号は、盗賊団の「蛇の目」にしようとさつきは考えた。すると、日吉堂の伍助が、以前一緒に仕事をしていた栗橋と万葉堂を訪れ、伍助は「蛇の目」のことを書くなと言い残して去った。
 その頃、さつきの親友であるおよねは“黒鳶式部"という筆名で、初めての黄表紙を刊行した。そして、さつきに喜重郎への思いを告白するおよね。およねは、しかし喜重郎がさつきに思いを寄せているのを感じていた。さつきと喜重郎の両親が違うということも。
 さつきも伝蔵への恋心を抱きながらも、はっきりと伝えることができず……。
 そして、蛇の目は再び活動を開始しようとしていた。
 シリーズ好評第2弾!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
解説は、島内景二さんです。
〈 電子版情報 〉
絵草紙屋万葉堂 初春の雪
Jp-e : 094065740000d0000000
女性記者さつきを描くシリーズ第2弾!

絵草紙屋万葉堂のさつきと兄の喜重郎が初めて出した瓦版(読売)は、田沼意次・意知父子についてだった。恩人といえる意知の名誉をを回復したいという思いの内容だったため、世間の評判は良くなかった。
 次号の読売を、考えた末に近所の長屋での窃盗事件にしたさつき。犯人が「あやかし」ではという読売に対抗して、それとなく犯人がわかるように書いたため逆恨みされ、兄の喜重郎が刺されることに。犯人は、逃走してしまう。
 その次の号は、盗賊団の「蛇の目」にしようとさつきは考えた。すると、日吉堂の伍助が、以前一緒に仕事をしていた栗橋と万葉堂を訪れ、伍助は「蛇の目」のことを書くなと言い残して去った。
 その頃、さつきの親友であるおよねは“黒鳶式部"という筆名で、初めての黄表紙を刊行した。そして、さつきに喜重郎への思いを告白するおよね。およねは、しかし喜重郎がさつきに思いを寄せているのを感じていた。さつきと喜重郎の両親が違うということも。
 さつきも伝蔵への恋心を抱きながらも、はっきりと伝えることができず……。
 そして、蛇の目は再び活動を開始しようとしていた。
 シリーズ好評第2弾!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

前作がよかったから、迷わす手に取りました。時代小説はわからない言葉が多いので、ト書きがあればと思うことが多いです。(50代 女性) 2018.11.18

あなたにオススメ!

  • 長谷川平蔵人足寄場 平之助事…
  • 口中医桂助事件帖 恋文の樹
  • み仏のかんばせ
  • 口中医桂助事件帖 かたみ薔薇…
  • 口中医桂助事件帖 淀君の黒ゆ…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ