〈 書籍の内容 〉
今の日本に、こんなリーダーがほしかった!
 昭和13年、青年実業家の瀬田修司は横濱に降り立った。関東大震災から復興した横濱は、ジャズが流れモガ・モボが闊歩する華やかな文化あふれる国際都市。折しも日中戦争が始まり、軍需景気にあやかりたい瀬田は、横濱一の大富豪である原三渓からの出資を得ようと、三渓について調べ始める。
 実業家としての三渓は、富岡製糸場のオーナーであり「生糸王」の異名を持っていた。関東大震災では、復興の先頭に立ち私財をなげうって被災者の救済にあたった。また、稀代の数寄者として名を馳せ、茶の湯に通じ、「西の桂離宮、東の三渓園」と言われる名園を築いた文化人。前田青邨や小林古径など、日本画家の育成を支援……と、いくら調べても交渉材料となるような醜聞は見つからず、瀬田は苛立つ。
 やがて「電力王」として知られる実業家、松永安左ヱ門に会った瀬田は、松永の仲介で三渓に会うことが叶う。
 三渓園の茶室を訪れた瀬田は、そこで原三渓と話を交わしたことで、少しずつ考えを変えていく。
 実は少年時代、瀬田には三渓にまつわる忘れ得ぬ記憶があった……。

〈 電子版情報 〉
横濱王
Jp-e : 094065570000d0000000
今の日本に、こんなリーダーがほしかった!

 昭和13年、青年実業家の瀬田修司は横濱に降り立った。関東大震災から復興した横濱は、ジャズが流れモガ・モボが闊歩する華やかな文化あふれる国際都市。折しも日中戦争が始まり、軍需景気にあやかりたい瀬田は、横濱一の大富豪である原三渓からの出資を得ようと、三渓について調べ始める。
 実業家としての三渓は、富岡製糸場のオーナーであり「生糸王」の異名を持っていた。関東大震災では、復興の先頭に立ち私財をなげうって被災者の救済にあたった。また、稀代の数寄者として名を馳せ、茶の湯に通じ、「西の桂離宮、東の三渓園」と言われる名園を築いた文化人。前田青邨や小林古径など、日本画家の育成を支援……と、いくら調べても交渉材料となるような醜聞は見つからず、瀬田は苛立つ。
 やがて「電力王」として知られる実業家、松永安左ヱ門に会った瀬田は、松永の仲介で三渓に会うことが叶う。
 三渓園の茶室を訪れた瀬田は、そこで原三渓と話を交わしたことで、少しずつ考えを変えていく。
 実は少年時代、瀬田には三渓にまつわる忘れ得ぬ記憶があった……。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた『横濱王』の文庫版となります。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

横浜について、更に知りたくなりました。(60代 男性) 2018.11.11

三渓園の間近に住み、子供の頃より親しみました。しかしながら原三渓翁について何ひとつ知らなかった事を恥じ入る次第。(60代 男性) 2018.9.22

地元の横浜の話なので興味深く読みました。 原三溪さんの名前は知っていて、三溪園にも行った事はありますが、どのような人か知りませんでしたので、大変、錘そかったです。 (40代 男性) 2018.9.8

あなたにオススメ!

  • 横濱王
  • がいなもん 松浦武四郎一代
  • 口中医桂助事件帖 南天うさぎ…
  • 気骨稜々なり 島井宗室
  • 口中医桂助事件帖 恋文の樹
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ