小学館文庫

海と月の喫茶店

〈 書籍の内容 〉
温かな涙を誘う、思い出のおやつ
 祖母の死を機に田舎から街に引っ越して、父親と弟との三人暮らしを始めた女子高生の香月。だが、転校先では友達ができず、母親代わりの家事もうまくこなせず、父親ともぎくしゃくして、居場所を見つけられないまま、寂しい気持ちを抱えて毎日を過ごしている。
 ある日、隣の席にすわる男子生徒のノートを間違えて持ち帰った香月は、そこにいくつものデザートレシピが手書きされているのを見ておどろく。「あの間宮くんが、ケーキ作り?」
 クラスの中心人物である間宮立海は、いかにも都会的な洗練された男の子。気後れするほど苦手なタイプの彼が、誰にも内緒で菓子作りをしているらしい。立海の意外な趣味を知った香月は、秘密を守る代わりに、菓子作りを教えてほしいと持ちかける。渋々ながらも、立海は香月の師匠役を引き受けてくれることに。
 夜だけ開く喫茶店でデザート作りをする立海を手伝いながら、懐かしい祖母のおやつを思い出す香月。ホットケーキ、プリン、かぼちゃぜんざい。誰かに認められるために、自分なりの味を作ろうと気負うけれど……。
 思い出の味は、きっと幸せの味。切なくて優しい青春ストーリー!
〈 電子版情報 〉
海と月の喫茶店
Jp-e : 094065220000d0000000
温かな涙を誘う、思い出のおやつ。

 祖母の死を機に田舎から街に引っ越して、父親と弟との三人暮らしを始めた女子高生の香月。だが、転校先では友達ができず、母親代わりの家事もうまくこなせず、父親ともぎくしゃくして、居場所を見つけられないまま、寂しい気持ちを抱えて毎日を過ごしている。
 ある日、隣の席にすわる男子生徒のノートを間違えて持ち帰った香月は、そこにいくつものデザートレシピが手書きされているのを見ておどろく。「あの間宮くんが、ケーキ作り?」
 クラスの中心人物である間宮立海は、いかにも都会的な洗練された男の子。気後れするほど苦手なタイプの彼が、誰にも内緒で菓子作りをしているらしい。立海の意外な趣味を知った香月は、秘密を守る代わりに、菓子作りを教えてほしいと持ちかける。渋々ながらも、立海は香月の師匠役を引き受けてくれることに。
 夜だけ開く喫茶店でデザート作りをする立海を手伝いながら、懐かしい祖母のおやつを思い出す香月。ホットケーキ、プリン、かぼちゃぜんざい。誰かに認められるために、自分なりの味を作ろうと気負うけれど……。
 思い出の味は、きっと幸せの味。切なくて優しい青春ストーリー!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

主人公と自分が重なる部分が多くあって共感できるからこそ自分とは違う主人公に嫉妬と羨望を抱いた。でもそのおかげでまた違う生き方ができるような気がした。(10代 女性) 2018.9.22

買ったきっかけはこの本を見つけたときに本の題名がとても楽しそうだったからです。 (10代 女性) 2018.9.1

青春ストーリーが大好きなので。(40代 女性) 2018.7.4

読書が苦手な娘がスラスラと読み終えたので、良かったです。(40代 女性) 2018.7.1

あなたにオススメ!

  • 神様の護り猫 最後の願い叶え…
  • ヒトリコ
  • ヒトリコ
  • キミのとなりで青春中。 1
  • 星降る部屋で 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031