小学館文庫

伝説のエンドーくん

伝説のエンドーくん
ためし読み
定価
本体630円+税
発売日
判型/頁
文庫判/328
ISBN
9784094065206
〈 書籍の内容 〉
がんばる人にエール!感涙の学園小説。
中学校の職員室を舞台に、14歳という繊細で多感な年齢の子どもたちと日々真剣に向きあう中学教師たちのリアルな姿を描いた連作短編集。

その中学校には代々語り継がれる伝説のヒーロー「エンドーくん」がいる―。
校内のあちらこちらに残された「エンドーくん」にまつわる落書きの言葉が、悩みや葛藤を抱える教師や生徒の一歩踏み出すきっかけとなった。
その理由は? 「エンドーくん」が伝説になったのはなぜ? その謎がラストで明かされる―。

坪田譲治文学賞受賞作家の傑作が待望の文庫化。巻末に文庫のために書き下ろした「エンドーくん」のその後の物語を収載。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
教師もひとりの大人である。学校では大人の見本?として生徒と対峙する教師だけれど、やっぱり、ひとりの、ふつうの、大人なのである。悩むし、落ち込むし、嫌なこともある――。
そんな等身大の教師たちの姿を丁寧に描いていたのが、この『伝説のエンドーくん』です。
決して強くはない自分自身と向き合いながらも、思春期の中学生たちを見守り、導き、ともに成長していこうとする、そんな教師たちが、とても素敵に見えるのです。
読んだ後、きっと、ほっこり心があたたかく、そして元気になれる1冊。

〈 電子版情報 〉
伝説のエンドーくん
Jp-e : 094065200000d0000000
がんばる人にエール!感涙の学園小説。

中学校の職員室を舞台に、14歳という繊細で多感な年齢の子どもたちと日々真剣に向きあう中学教師たちのリアルな姿を描いた連作短編集。

その中学校には代々語り継がれる伝説のヒーロー「エンドーくん」がいる―。
校内のあちらこちらに残された「エンドーくん」にまつわる落書きの言葉が、悩みや葛藤を抱える教師や生徒の一歩踏み出すきっかけとなった。
その理由は? 「エンドーくん」が伝説になったのはなぜ? その謎がラストで明かされる―。

坪田譲治文学賞受賞作家の傑作が待望の文庫化。巻末に文庫のために書き下ろした「エンドーくん」のその後の物語を収載。

あなたにオススメ!

  • 14歳、明日の時間割
  • ヒトリコ
  • ヒトリコ
  • マンゴスチンの恋人
  • 女人追憶 3
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031