小学館文庫

こっこ屋のお狐さま

こっこ屋のお狐さま
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
文庫判/288
ISBN
9784094065169

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/05/18
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
街の便利屋さん、社長は実は黒狐でした。
 ――ちょっと不思議でなかなかハードな便利屋稼業。でも社長は……実は、お狐さま、だったんです……。
 大学は卒業したものの就職に失敗して只今絶賛無職中の白石倭香は23歳。自己嫌悪でゆううつなのはもちろんだが、実家住まいなのでずっとこの立場でいるのは少々肩身が狭い。
 ある日、大好きだった祖父の遺品整理の手伝いに「こっこ屋」と名乗る便利屋が、倭香の自宅へやってきた。ずいぶんかわいい社名だが、由来は別にかわいくもなんでもなく、同じ名古屋市内の狐坂に事務所を構えているから「黒狐」――つまり「こっこ」のなんでも屋、ということらしい。社長の黒木はすごいイケメンで、まだ若いけれど仕事もできる男だ。ところがわけあって一緒に行動するうちに、倭香はこの黒木のとんでもない秘密を偶然知ってしまう。そこで、秘密を絶対にバラさないという交換条件で「うちで雇ってやる」と黒木は告げ、求職中の倭香はずっと欲しかった「採用」の二文字につられて「こっこ屋」に入ることに。
 なぜか人外ばかりの事務所に、たったひとり人間の社員として就職してしまったの勤務状況とは!?
〈 電子版情報 〉
こっこ屋のお狐さま
Jp-e : 094065160000d0000000
街の便利屋さん、社長は実は黒狐でした。

 ――ちょっと不思議でなかなかハードな便利屋稼業。でも社長は……実は、お狐さま、だったんです……。
 大学は卒業したものの就職に失敗して只今絶賛無職中の白石倭香は23歳。自己嫌悪でゆううつなのはもちろんだが、実家住まいなのでずっとこの立場でいるのは少々肩身が狭い。
 ある日、大好きだった祖父の遺品整理の手伝いに「こっこ屋」と名乗る便利屋が、倭香の自宅へやってきた。ずいぶんかわいい社名だが、由来は別にかわいくもなんでもなく、同じ名古屋市内の狐坂に事務所を構えているから「黒狐」――つまり「こっこ」のなんでも屋、ということらしい。社長の黒木はすごいイケメンで、まだ若いけれど仕事もできる男だ。ところがわけあって一緒に行動するうちに、倭香はこの黒木のとんでもない秘密を偶然知ってしまう。そこで、秘密を絶対にバラさないという交換条件で「うちで雇ってやる」と黒木は告げ、求職中の倭香はずっと欲しかった「採用」の二文字につられて「こっこ屋」に入ることに。
 なぜか人外ばかりの事務所に、たったひとり人間の社員として就職してしまったの勤務状況とは!?

あなたにオススメ!

  • 32歳ひとり不幸OLが幸せ引…
  • 鴨川食堂おかわり
  • 図書室の神様たち
  • 仕掛け絵本の少女
  • 墨田区吾嬬町発ブラックホール…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ