小学館文庫

鳩の撃退法 下

鳩の撃退法 下
定価
本体790円+税
発売日
判型/頁
文庫判/560
ISBN
9784094064872

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/01/19
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
多くの作家をも魅了した著者の最高到達点!
直木賞受賞後の会見で、著者は「勝手な想像ですが」と前置きした上で、
「『鳩の撃退法』の存在がなければ、今回の直木賞受賞は考えられない。あれで機運が熟したのではないか」
と語った。
事実、本作は、山田風太郎賞選考委員はもちろんのこと、推薦文や書評、口コミやSNS等を通じて、驚くほど多くの作家たちから激賞された。

下巻は、「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰・糸井重里さんの解説を収録。

【ストーリー】
「このままじゃおれたちはやばい、ラストに相当やばい場面が待っているかもしれない。だけど厳密にやばいのはあんただよ。わからないか。夜汽車に乗って旅立つ時だよ」
身を潜めてせっせと小説の下書きをつづけていた津田伸一は、社長からいきなり退職金を手渡され、いよいよ決断を迫られる。
ついに“あのひと"が現れたのか? 
鞄の大金は裏社会から流れてきたものなのか? 
忽然と姿を消した家族、郵便局員の失踪、疑惑つきの大金、そして鳩の行方‥‥。多くのひとの運命を狂わせたあの日の邂逅が、たった一日の物語となって雪の夜に浮かびあがる。

読み進めると、謎が深まる。読み返せば、伏線がわかってくる。
上巻だけでは、この小説のおもしろさは半分も伝わりません。
急展開も待ち受ける下巻の最後の1行まで、ぜひ「鳩」の行方を見届けてください。読み返すほど、おもしろいはずです。
〈 電子版情報 〉
鳩の撃退法 下
Jp-e : 094064870000d0000000
多くの作家をも魅了した著者の最高到達点!

直木賞受賞後の会見で、著者は「勝手な想像ですが」と前置きした上で、
「『鳩の撃退法』の存在がなければ、今回の直木賞受賞は考えられない。あれで機運が熟したのではないか」
と語った。
事実、本作は、山田風太郎賞選考委員はもちろんのこと、推薦文や書評、口コミやSNS等を通じて、驚くほど多くの作家たちから激賞された。

【ストーリー】
「このままじゃおれたちはやばい、ラストに相当やばい場面が待っているかもしれない。だけど厳密にやばいのはあんただよ。わからないか。夜汽車に乗って旅立つ時だよ」
身を潜めてせっせと小説の下書きをつづけていた津田伸一は、社長からいきなり退職金を手渡され、いよいよ決断を迫られる。
ついに“あのひと"が現れたのか? 
鞄の大金は裏社会から流れてきたものなのか? 
忽然と姿を消した家族、郵便局員の失踪、疑惑つきの大金、そして鳩の行方‥‥。多くのひとの運命を狂わせたあの日の邂逅が、たった一日の物語となって雪の夜に浮かびあがる。

読み進めると、謎が深まる。読み返せば、伏線がわかってくる。
上巻だけでは、この小説のおもしろさは半分も伝わりません。
急展開も待ち受ける下巻の最後の1行まで、ぜひ「鳩」の行方を見届けてください。読み返すほど、おもしろいはずです。

※この作品は過去に単行本版として配信されていた『鳩の撃退法』 の文庫版となります。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

足掛け3年。コロナ自粛のおかげ、つまり、まとまった空き時間が出来たおかげで漸く読み終えることができた。面白かった。 超難解小説。時系列無茶苦茶、登場人物紛らわしい、楽しく文章を味わって読んでいたら実はそれが大きな伏線だったり、などなどの連続で、何回読み直したかわかりません!だからとにかく読破に時間がかかった。こういう小説、往々にして最後の段落が尻切れトンボでがっかりすることが多いのだけど、最後の一文まで計算されており、そのセンスに唸らされて終了幕引き。 大満足です(50代 女性) 2020.4.19

近隣県での映画撮影の情報を知り、身近に感じたので購入した。(30代 女性) 2020.3.16

月の満ち欠け を読んで、非常に面白かったので、同著者作品を購入した。(50代 男性) 2019.11.20

月の満ち欠けを購入して、佐藤正午さんの作品が好きになりました。たまたま新聞の広告に『鳩の撃退法』が掲載されたのですが、近くの書店になくネット注文をして、現在読んでいる最中です。面白いです!(50代 女性) 2019.7.14

以前面白く読んで、読み返すために買いました。 大変面白かったです。(30代 女性) 2019.5.19

とても面白かったです。 佐藤正午さんの別の書籍も読みたいと思いました。 (30代 女性) 2019.2.1

 

 

       小学館ch

 

 

あなたにオススメ!

  • 消された信仰
  • ミラノの太陽、シチリアの月
  • 小倉昌男 祈りと経営
  • 書くインタビュー 2
  • 永遠のPL学園
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ