小学館文庫

伝わるちから

伝わるちから
ためし読み
定価
550円(税込)
発売日
判型/頁
文庫判/208
ISBN
9784094064858

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/12/15
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
松浦弥太郎が教える人と寄り添うコツ
イモトアヤコさん大推薦! 続々重版のベストセラー

「たくさんページを折って たくさん線を引いて 私の本棚の中で1番汚してしまった本です」(イモトさん執筆の帯文より)

「『会えたら会いたい 』という言葉が好きだ。なかなかいい言葉だなあと思っている。直接的に『会いたい』というのは少し照れるから、まあ、ワンクッションというか、ちょっと姿勢を低くして、「もし会えるなら、ぜひ会いたい」という気持ちを込めた言葉として使っている」「対話のポイントは、常に、今のこと、そして、未来のことの両方を話すように心がけるといい。まずは、今、自分が思っていること、悩んでいること、向き合っていること、抱えている問題を、自ら話す。自分のことを相手に話せば、自然と相手も話してくれる」(共に本文より)。
人付き合いのコミュニケーションに悩んでいる時に役に立つ、たくさんのヒント。なかなか相手に届かない自分の思い。でも伝えようとするから届かない。自然に相手に伝わるためにどうすればいいか。そのコツを、元暮しの手帖編集長で人気エッセイスト松浦弥太郎さんが教えます。
〈 電子版情報 〉
伝わるちから
Jp-e : 094064850000d0000000
松浦弥太郎が教える人と寄り添うコツ。

「『会えたら会いたい』という言葉が好きだ。なかなかいい言葉だなあと思っている。直接的に『会いたい』というのは少し照れるから、まあ、ワンクッションというか、ちょっと姿勢を低くして、「もし会えるなら、ぜひ会いたい」という気持ちを込めた言葉として使っている」「対話のポイントは、常に、今のこと、そして、未来のことの両方を話すように心がけるといい。まずは、今、自分が思っていること、悩んでいること、向き合っていること、抱えている問題を、自ら話す。自分のことを相手に話せば、自然と相手も話してくれる」(共に本文より)。
人付き合いのコミュニケーションに悩んでいる時に役に立つ、たくさんのヒント。なかなか相手に届かない自分の思い。でも伝えようとするから届かない。自然に相手に伝わるためにどうすればいいか。そのコツを、元暮しの手帖編集長で人気エッセイスト松浦弥太郎さんが教えます。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

松浦弥太郎さんのファンです(40代 女性) 2021.4.17

以前、日経新聞で、松浦弥太郎さんのエッセイ「暮らしに平凡でいいものを」読み切り抜いて、今でも時々読み返している。この本も、わかりやすい言葉で、優しく語りかけてくれるところがいい。(50代 女性) 2021.4.2

インスタで紹介されていて、図書館ではなくじっくり時間をかけて読みたいと思ったから購入しました。(40代 女性) 2021.3.31

Instagramで5冊だけの本屋さんと言うアカウントで 私に合う本を5冊選書してもらいました。その中の1冊でした。読んだことのないジャンルの本でしたので購入をしました。(40代 女性) 2021.3.28

最近きっかけがあって読書を始めました。先日本屋に寄って、どの本を買おうかな〜と悩んでいたところSNSでおすすめされてたこちらの本をたまたま見つけて購入しました。読書初心者の私にもとても読みやすい本で、きっとこれから何回も読み返す本です。特に好きなのが『会えたら会いたい』のページです。「控えめなようで積極的というあいまいさ」という言葉にきゅんとして、読むたびに好きな人たちを思って胸がときめいたり恋しくなったり切なくなったりします。そのページだけすでに何度も何度も読んでいます。(笑)(20代 女性) 2021.3.23

イモトアヤコさん推薦と書いてあり、内容にも興味がありました。(50代 女性) 2021.3.20

好きなエッセイストさんなので、ちらりと中身を立ち読みして、購入を決めました。(40代 女性) 2021.3.16

伝えるより伝わることが大事。 心にすっと入ってきました。  日々色んなことを丁寧に大切にしていこうと思えました。(40代 女性) 2021.3.12

元気に前向きになれそうなエッセイ本があったら良いなぁとふらっと立ち寄った本屋さんで見つけました。 見つけやすいところに置いてあり、話題の本だったようですが、知らなかったので、出会えて嬉しかったです。すごく読みやすいのに、ずっと心に残って寄り添ってくれている感じがして…。これからも大事にしたい大切な本の一冊になりました。(40代 女性) 2021.3.10

インスタグラムでおすすめ本として投稿されている方をきっかけに本書を知りました。読書があまり得意では無い方だったのですが(特に小説)、最近コロナの影響もあり時間ができたことで、読書に挑戦し始めました。本書のボリューム感、スッと心に入ってくる押し付けがましくない作者の文章の書き方、値段、すべてが今の私には丁度よく、手元に置いて何度も読み返したい1冊となりました。(20代 女性) 2021.3.5

あなたにオススメ!

  • 着るもののきほん 100 L…
  • 信じる力 生きる力
  • PLATONIC SEX(小…
  • ベリーベリーグッド
  • 花森安治と『暮しの手帖』
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ