小学館文庫

み仏のかんばせ

み仏のかんばせ
ためし読み
定価
本体570円+税
発売日
判型/頁
文庫判/256
ISBN
9784094064803

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/12/15
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
傷を持つ二人が夫婦になるが…感動人情小説
  貧しい小作の娘だった志乃は、女郎になるのが嫌で江戸に出て行き、首切り浅右衛門のもとで松助という名の「男」として仕えることになった。剣術の腕も磨いていたが、ある日浅右衛門家にとって大切な死人の肝を、強盗に奪われてしまう。責任を取って浅右衛門のもとを去り、名前を戻し針売りの娘として生きはじめた志乃。そこに、志乃が憧れていた壮太があらわれた。「男」として介錯を仕事としてきた志乃はまともな幸せなど考えていなかったが、お互いの気持ちを確かめて、夫婦になった二人。
 しかし、壮太にも隠された過去があった――。志乃が奪われた死人の肝を盗んだのが、壮太達だったのだ。そして、仲間の男だった沖次が凶暴になって、江戸の町を震撼させていたのだ。壮太は、沖次と決着を付けようと出かけていく。それを追って、刀を持った志乃が追いかけていく。果たして決着は!?(第一部 「月明かりの面影」)
 第二部では、夫婦のその後と沖次の子供が絡んでいく。(「裏庭の陽だまり」)
 ささやかな幸せを願う市井の女性が懸命に生きる姿を描いた人情小説。
 
 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 デビュー作『しずり雪』が書評家の絶賛を浴びた安住洋子さんが、渾身の思いで書き下ろされた時代小説です。
 解説は、文芸評論家の縄田一男さんです。
〈 電子版情報 〉
み仏のかんばせ
Jp-e : 094064800000d0000000
傷を持つ二人が夫婦になるが…感動人情小説。

  貧しい小作の娘だった志乃は、女郎になるのが嫌で江戸に出て行き、首切り浅右衛門のもとで松助という名の「男」として仕えることになった。剣術の腕も磨いていたが、ある日浅右衛門家にとって大切な死人の肝を、強盗に奪われてしまう。責任を取って浅右衛門のもとを去り、名前を戻し針売りの娘として生きはじめた志乃。そこに、志乃が憧れていた壮太があらわれた。「男」として介錯を仕事としてきた志乃はまともな幸せなど考えていなかったが、お互いの気持ちを確かめて、夫婦になった二人。
 しかし、壮太にも隠された過去があった――。志乃が奪われた死人の肝を盗んだのが、壮太達だったのだ。そして、仲間の男だった沖次が凶暴になって、江戸の町を震撼させていたのだ。壮太は、沖次と決着を付けようと出かけていく。それを追って、刀を持った志乃が追いかけていく。果たして決着は!?(第一部 「月明かりの面影」)
 第二部では、夫婦のその後と沖次の子供が絡んでいく。(「裏庭の陽だまり」)
 ささやかな幸せを願う市井の女性が懸命に生きる姿を描いた人情小説。

あなたにオススメ!

  • 鍼師おしゃあ
  • はぐれ雀
  • 長谷川平蔵人足寄場平之助事件…
  • 新編傑作選1 青嵐
  • 付添い屋 六平太 鷹の巻 安…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31