小学館文庫

銀座のカラス 下

銀座のカラス 下
定価
本体750円+税
発売日
判型/頁
文庫判/488
ISBN
9784094063073

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/06/24
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
伝説の「青春三部作」三作目が待望の復刊!
青春は不滅だ!!
名著復刊! 伝説の「青春三部作」が現代に甦る。

前任者の突然の退社により、右も左も分からないまま、デパート業界誌の編集長となってしまった松尾勇は、酒場でケンカをして留置場に入れられたり、先輩社員たちとの麻雀で大負けしたりと、慌ただしい毎日を過ごしていた。そんな松尾の心の支えとなっていたのは、親友の町田を通じて知り合った海老名千鶴の存在だった。
徐々に仕事のコツをつかみ、念願の部下もできた松尾は、さらなる野望に向けて新たな一歩を踏み出した!

『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』に続く自伝的青春小説の傑作が復刊。巻末には作家・宮田珠己さんによる特別寄稿エッセイも収録。
〈 電子版情報 〉
銀座のカラス 下
Jp-e : 094063070000d0000000
伝説の「青春三部作」三作目が待望の復刊!

青春は不滅だ!!
名著復刊! 伝説の「青春三部作」が現代に甦る。

前任者の突然の退社により、右も左も分からないまま、デパート業界誌の編集長となってしまった松尾勇は、酒場でケンカをして留置場に入れられたり、先輩社員たちとの麻雀で大負けしたりと、慌ただしい毎日を過ごしていた。そんな松尾の心の支えとなっていたのは、親友の町田を通じて知り合った海老名千鶴の存在だった。
徐々に仕事のコツをつかみ、念願の部下もできた松尾は、さらなる野望に向けて新たな一歩を踏み出した!

『哀愁の町に霧が降るのだ』『新橋烏森口青春篇』に続く自伝的青春小説の傑作が復刊。巻末には作家・宮田珠己さんによる特別寄稿エッセイも収録。

あなたにオススメ!

  • 新橋烏森口青春篇
  • 哀愁の町に霧が降るのだ 下
  • 親友
  • 哀愁の町に霧が降るのだ 上
  • 岬バーガー
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ