小学館文庫

日本橋紙問屋商い心得

福を届けよ

福を届けよ
ためし読み
定価
本体710円+税
発売日
判型/頁
文庫判/432
ISBN
9784094062748

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/03/25
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
逞しく成長していく若き幕末商人の熱き物語
 長年仕えた店主に気に入られ、勘七は養子になって日本橋の紙問屋永岡屋の主となった。その頃、小諸藩から藩札を納めるという依頼が舞い込んでくる。大仕事に沸き立つ永岡屋だったが、藩には跡継ぎを巡って二分する内紛があった。ある日、店は襲われ藩札は奪われてしまい、父親の善五郎はその時のけががもとで、亡くなってしまう。小諸藩からはわずかばかりの金が払われただけで、2千両もの借金を背負ってしまった。
 桜田門外の変で殺された親友の直次郎の墓に詣でた勘七は、紙の手配で話を交わしていた弘前藩のご祐筆・松嶋に会う。直次郎は、松嶋の従弟だった。松嶋は、本名のお京となって実家の日本橋松嶋屋に戻ってきていた。仕事の話をするうちに、二人は心を通わすようになる。
 官軍との戦争が始まると噂される江戸は、景気と治安が悪くなる一方だった。勘七は、新三郎や紀之介、勝麟太郎、浜口儀兵衛といった人々との交流を通じて、商いを学んでいく。巨額の借金をどう返済していくのか。
 そして、お京との仲は。
 友情あり、恋あり、涙あり。熱い思いに満ちた、幕末青春ビジネス小説。
 『旅立ち寿ぎ申し候』で刊行された単行本の書名を変更しました。
〈 電子版情報 〉
福を届けよ 日本橋紙問屋商い心得
Jp-e : 094062740000d0000000
逞しく成長していく若き幕末商人の熱き物語。

 長年仕えた店主に気に入られ、勘七は養子になって日本橋の紙問屋永岡屋の主となった。その頃、小諸藩から藩札を納めるという依頼が舞い込んでくる。大仕事に沸き立つ永岡屋だったが、藩には跡継ぎを巡って二分する内紛があった。ある日、店は襲われ藩札は奪われてしまい、父親の善五郎はその時のけががもとで、亡くなってしまう。小諸藩からはわずかばかりの金が払われただけで、2千両もの借金を背負ってしまった。
 桜田門外の変で殺された親友の直次郎の墓に詣でた勘七は、紙の手配で話を交わしていた弘前藩のご祐筆・松嶋に会う。直次郎は、松嶋の従弟だった。松嶋は、本名のお京となって実家の日本橋松嶋屋に戻ってきていた。仕事の話をするうちに、二人は心を通わすようになる。
 官軍との戦争が始まると噂される江戸は、景気と治安が悪くなる一方だった。勘七は、新三郎や紀之介、勝麟太郎、浜口儀兵衛といった人々との交流を通じて、商いを学んでいく。巨額の借金をどう返済していくのか。
 そして、お京との仲は。
 友情あり、恋あり、涙あり。熱い思いに満ちた、幕末青春ビジネス小説。
 『旅立ち寿ぎ申し候』で刊行された単行本の書名を変更しました。

あなたにオススメ!

  • 浮浪雲 58
  • 修羅坂の雪 旗本絵師描留め帳
  • 五峰の鷹
  • 部屋住み遠山金四郎 絡繰り心…
  • 帝王 7
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728