小学館文庫

卒業するわたしたち

卒業するわたしたち
ためし読み
定価
本体510円+税
発売日
判型/頁
文庫判/224
ISBN
9784094062663

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/02/26
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
この涙は、どんな涙ともきっと違う。
 吹奏楽部の1年後輩の男子に密かに思いを寄せる先輩女子が、告白できずに卒業していく「流れる川」。離婚する妻が夫との最後の会話のなかで、下の名前ではなく「あなた」と呼ばれたことを印象に残す「春の雨」。二十八歳の娘が、仲の良い母の再婚を自分のなかでようやく祝福できる気持ちに至る「母の告白」。
女性アイドルグループのメンバーが脱退することを知った、ある女子ファンの心情を追った「にじむオレンジ」。仲良しの少し不良の女子高生から、上京してしまうために様々なプレゼントをもらうことになる女子小学生を描いた「屋上で会う」。
――単なる卒業式、恋愛絡みに留まらない、様々な年齢、様々なシチュエーションのそれぞれの卒業模様を精緻に描きとった、どこからでも読むことのできる1話完結の短編集。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
文庫巻末対談(対談者・朝井リョウさん)を掲載。
〈 電子版情報 〉
卒業するわたしたち
Jp-e : 094062660000d0000000
この涙は、どんな涙ともきっと違う。

 吹奏楽部の1年後輩の男子に密かに思いを寄せる先輩女子が、告白できずに卒業していく「流れる川」。離婚する妻が夫との最後の会話のなかで、下の名前ではなく「あなた」と呼ばれたことを印象に残す「春の雨」。二十八歳の娘が、仲の良い母の再婚を自分のなかでようやく祝福できる気持ちに至る「母の告白」。
女性アイドルグループのメンバーが脱退することを知った、ある女子ファンの心情を追った「にじむオレンジ」。仲良しの少し不良の女子高生から、上京してしまうために様々なプレゼントをもらうことになる女子小学生を描いた「屋上で会う」。
――単なる卒業式、恋愛絡みに留まらない、様々な年齢、様々なシチュエーションのそれぞれの卒業模様を精緻に描きとった、どこからでも読むことのできる1話完結の短編集。

文庫巻末対談(対談者・朝井リョウさん)を掲載。

あなたにオススメ!

  • 泣きながら、呼んだ人
  • 蒼のファンファーレ
  • 公器の幻影
  • フィッターXの異常な愛情
  • マエストロ・ガールズ このコ…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ