小学館文庫

大江戸恐龍伝 五

大江戸恐龍伝 五
ためし読み
定価
本体690円+税
発売日
判型/頁
文庫判/408
ISBN
9784094062533

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/01/22
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
龍の見世物の陰で、火鼠の一味が暗躍!?
 伝説の島ニルヤカナヤにたどり着いた平賀源内一行は、龍に遭遇。その島では、二つの国が領地を巡って戦っていた。敵国に囚われていた方丈国の姫・ハンから、ニルヤカナヤ=蓬莱島の由来を聞き、すべての謎が解けた源内。敵対する二つの国の戦いも収め、庄九郎、ハン、そして龍部のハンが操る恐龍も連れて「ゑれき丸」は島を離れた。
 江戸に戻った源内は、両国で龍の見世物を始める。見世物は大いに評判を呼び、一躍時の人になった平賀源内。しかし、その大盛況の最中、源内は何かが自分の中で急速に冷めていくのを感じるのであった。
 そんなある日、ニルヤカナヤから一緒に帰還した水夫の藤介が変死体で川に浮かぶ。
 息を潜めていた火鼠の一味が、ついに動き始めた!?
 著者のメッセージ映像も見られる特設サイトはこちらです。

http://bp.shogakukan.co.jp/yumemakurabaku/
〈 目次をみる 〉
二十一章 源内蓬莱島の由来を 姫より聴きてたまがりし語 二十二章 源内※の謎を解きて 方丈国に向かう語 二十三章 源内望郷の念あらたにして 江戸にもの狂いする語 二十四章 両国にて龍の見世物 大いに評判を呼ぶ語 二十五章 火鼠の一味裏働きして 源内思案のしどころの語
〈 電子版情報 〉
大江戸恐龍伝 五
Jp-e : 094062530000d0000000
龍の見世物の陰で、火鼠の一味が暗躍!?

 伝説の島ニルヤカナヤにたどり着いた平賀源内一行は、龍に遭遇。その島では、二つの国が領地を巡って戦っていた。敵国に囚われていた方丈国の姫・ハンから、ニルヤカナヤ=蓬莱島の由来を聞き、すべての謎が解けた源内。敵対する二つの国の戦いも収め、庄九郎、ハン、そして龍部のハンが操る恐龍も連れて「ゑれき丸」は島を離れた。
 江戸に戻った源内は、両国で龍の見世物を始める。見世物は大いに評判を呼び、一躍時の人になった平賀源内。しかし、その大盛況の最中、源内は何かが自分の中で急速に冷めていくのを感じるのであった。
 そんなある日、ニルヤカナヤから一緒に帰還した水夫の藤介が変死体で川に浮かぶ。
 息を潜めていた火鼠の一味が、ついに動き始めた!?

あなたにオススメ!

  • 蝦夷地別件 中
  • 蝦夷地別件 下
  • 死ぬがよく候〈二〉 影
  • 山中鹿之助
  • 桂枝雀 名演集 第3シリーズ…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ