小学館文庫

大江戸恐龍伝 三

大江戸恐龍伝 三
ためし読み
定価
本体670円+税
発売日
判型/頁
文庫判/384
ISBN
9784094062441

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/12/25
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
江戸へ戻った源内に思いがけない依頼が!?
 江戸へ戻った平賀源内は、越後屋の主人・三津井庄右衛門から、船が難破し漂着した南の島に息子を探しに行ってほしいと依頼される。
 唯一その島から帰還した水夫・弥太郎が言うには、向かうべきその島「ニルヤカナヤ」は黄金の島で、龍が棲むという。
 弥太郎は、なぜか目蓋が切り取られ、連れられてきた源内宅に咲く青い花の匂いを嗅いで正気を失ってしまう。その花は、遙か昔、有野作之進という武士が「ニルヤカナヤ」から龍の掌とともに持ち帰ったといわれる種から咲いたものだった!
 暫くして弥太郎が、何ものかに拐かされてしまう。その手口から、盗人・火鼠の一味の仕業と推測した源内。何かが自分の周りで動き始めたことを感じていた。
 そんななか、源内は、三国船「ゑれき丸」を完成させ、杉田玄白、伊奈吉らとともに江戸を発つ。そして立ち寄った琉球で、自称・江戸学者の牧志朝典という男に出会い、琉球・加良間島での秘密の祭りの話を聞いて・・・。
 いよいよ核心の島へ迫る、三、四巻同時刊行。 
特設ページで、著者インタビュー映像がご覧になれます!
http://bp.shogakukan.co.jp/yumemakurabaku/
〈 目次をみる 〉
十 章 思案の源内三井庄右衛門の 話を聴きて心騒ぐ語  

十一章 源内幕府を大いにたぶらかし 巨大なる船を造らんとする語

十二章 火鼠の一味暗躍して 源内若き長谷川平蔵と再会する語

十三章 盗賊ながら天晴れの覚悟あるも 龍の骨のさらなる不思議の語

十四章 源内龍宮殿の柱が珊瑚でなく 黄金でできているのを知る語

十五章 源内三国船ゑれき丸に乗りて 琉球までゆく語

十六章 源内琉球の精霊 マユンガナシーに出会う語
〈 電子版情報 〉
大江戸恐龍伝 三
Jp-e : 094062440000d0000000
江戸へ戻った源内に思いがけない依頼が!?

 江戸へ戻った平賀源内は、越後屋の主人・三津井庄右衛門から、船が難破し漂着した南の島に息子を探しに行ってほしいと依頼される。
 唯一その島から帰還した水夫・弥太郎が言うには、向かうべきその島「ニルヤカナヤ」は黄金の島で、龍が棲むという。
 弥太郎は、なぜか目蓋が切り取られ、連れられてきた源内宅に咲く青い花の匂いを嗅いで正気を失ってしまう。その花は、遙か昔、有野作之進という武士が「ニルヤカナヤ」から龍の掌とともに持ち帰ったといわれる種から咲いたものだった!
 暫くして弥太郎が、何ものかに拐かされてしまう。その手口から、盗人・火鼠の一味の仕業と推測した源内。何かが自分の周りで動き始めたことを感じていた。
 そんななか、源内は、三国船「ゑれき丸」を完成させ、杉田玄白、伊奈吉らとともに江戸を発つ。そして立ち寄った琉球で、自称・江戸学者の牧志朝典という男に出会い、琉球・加良間島での秘密の祭りの話を聞いて・・・。
 いよいよ核心の島へ迫る、三、四巻同時刊行。

あなたにオススメ!

  • 大江戸恐龍伝 上
  • 大江戸恐龍伝 下
  • 絵草紙屋万葉堂 揚げ雲雀
  • 小学館版 学習まんが はじめ…
  • 名探偵コナン 迷宮の十字路
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031