小学館文庫

洞窟オジさん

洞窟オジさん
ためし読み
定価
本体630円+税
発売日
判型/頁
文庫判/320
ISBN
9784094061857

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/09/25
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語
 加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。
 昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた--
 2004年5月に刊行され、大きな話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』(小社刊)。あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は、群馬県の障害者支援施設に住み込みで働いていた。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。
 トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会い、ブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆で奇跡の文庫化!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
43年もたったひとり荒野で生活していた加村さん。イノシシを仕留め、ヘビやカエルを捕まえ、命からがら熊の急襲から逃げ延びる…。真似しようのないサバイバル生活ですが、実際に加村さんに会って話した私には、彼が特別な人には思えませんでした。純粋で、照れ屋で、笑うと目尻が下がる可愛らしいオジさん。そんな彼がどうして、人を拒絶し、過酷な生活を送り、時に自死を考えなければならなかったのか。“洞窟"側からずっと私たちの社会を見てきた加村さんの言葉には、私たちが考えるのを止めてしまった「矛盾」や、当たり前になりすぎて感じることができなくなってしまった「幸せ」に気づかせてくれます。NHK BSプレミアム『洞窟おじさん』(10月1日~毎週木曜夜9時 放送予定)原作本。
〈 電子版情報 〉
洞窟オジさん
Jp-e : 094061850000d0000000
人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語。

加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。
 昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた--
 2004年5月に刊行され、大きな話題を呼んだ『洞窟オジさん 荒野の43年』(小社刊)。あれから11年、社会復帰を果たした「オジさん」は、群馬県の障害者支援施設に住み込みで働いていた(2015年9月発表作品)。彼はなぜそこで生きることになったのか。そして、「自分のため」ではなく「他人のため」に生きる喜びを知った「オジさん」は何を語るのか。
 トラブル続きの集団生活、「天使のような」女性との出会い、ブルーベリー栽培への挑戦、初めての入院生活…。12万字を越える加筆された奇跡の文庫版を電子化!!

あなたにオススメ!

  • 運命の子 トリソミー
  • 世界で一番売れている薬
  • 志ん生一代
  • 堀文子画文集 命といふもの第…
  • 通り魔
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728