小学館文庫

うちへかえろう

うちへかえろう
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
文庫判/208
ISBN
9784094061260

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/02/27
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
不思議なぬくもりのある「家族ごっこ」小説
 舞台は大阪。35歳、ひとり暮らしの私は、契約社員として、顧客クレジットカード申し込み記載漏れリストを修正する職務に就き、どうにか日々を過ごしていた。そんなある日、記載漏れリストのなかに、十数年来音信不通の姉の連絡先を見つける。
 姉の出奔は、学生時代、私が当時付き合っていた恋人を奪って逃げたことに端を発していた。
 しばらく躊躇した後、久しぶりに電話してみる。不思議な体温のやりとりが続き、じゃあ、会おうかという話になった。姉は、幼少期、母を「黒い太陽」と呼ぶほど、ひどい扱いを受け続けていた。年の暮れ。私は姉を連れて帰省することにするが――。
〈 電子版情報 〉
うちへかえろう
Jp-e : 094061260000d0000000
不思議なぬくもりのある「家族ごっこ」小説。

舞台は大阪。35歳、ひとり暮らしの私は、契約社員として、顧客クレジットカード申し込み記載漏れリストを修正する職務に就き、どうにか日々をを過ごしていた。そんなある日、記載漏れリストのなかに、十数年来音信不通の姉の連絡先を見つける。
 姉の出奔は、学生時代、私が当時付き合っていた恋人を奪って逃げたことに端を発していた。
 しばらく躊躇した後、久しぶりに電話してみる。不思議な体温のやりとりが続き、じゃあ、会おうかという話になった。姉は、幼少期、母を「黒い太陽」と呼ぶほど、ひどい扱いを受け続けていた。年の暮れ。私は姉を連れて帰省することにするが――。舞台は大阪。35歳、ひとり暮らしの私は、契約社員として、顧客クレジットカード申し込み記載漏れリストを修正する職務に就き、どうにか日々をを過ごしていた。そんなある日、記載漏れリストのなかに、十数年来音信不通の姉の連絡先を見つける。
 姉の出奔は、学生時代、私が当時付き合っていた恋人を奪って逃げたことに端を発していた。
 しばらく躊躇した後、久しぶりに電話してみる。不思議な体温のやりとりが続き、じゃあ、会おうかという話になった。姉は、幼少期、母を「黒い太陽」と呼ぶほど、ひどい扱いを受け続けていた。年の暮れ。私は姉を連れて帰省することにするが――。

あなたにオススメ!

  • 夜ごとの揺り籠、舟、あるいは…
  • ビターシュガー(虹色天気雨2…
  • ズームーデイズ〔小学館文庫〕
  • 事の次第
  • 夜行
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31