小学館文庫

マザー

マザー
ためし読み
定価
本体490円+税
発売日
判型/頁
文庫判/192
ISBN
9784094060775
〈 書籍の内容 〉
漫画家・楳図かずお初監督作品のノベライズ
 漫画家・楳図かずおのもとに、出版社から彼の生い立ちを本にしたいという企画が持ち込まれる。上司の編集長に連れられてやってきた担当編集者の若草さくらは、かねてから楳図かずおの大ファンで、この企画は彼女自身が熱望するものでもあった。さくらは取材で楳図から話を聞くうちに、楳図かずおの創作の原点にはすでに亡くなっている彼の母・イチエの存在が大きく影を落としていることに気づく。彼の生まれ故郷を訪ね、さらに詳しく楳図の生い立ちを調べるさくらだったが、彼女のまわりで次々と怪異現象が起こる。そして、楳図の母・イチエの葬式の参列者の写真の中に、イチエ自身の姿が写っていることを発見する。楳図の母にまつわる恐ろしい事実、そして死んだはずの彼女の怨念が底知れない恐怖を巻き起こすのだった……。
 恐怖漫画の巨匠・楳図かずお氏が77歳にして初めて監督した話題の映画を完全ノベライズ。主人公は「楳図かずお」自身。彼と彼の母をめぐる物語が、すさまじい戦慄と恐怖を巻き起こしながら、胸に迫るせつない結末へと導いてく。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
映画は2014年9月27日(土)全国松竹系でロードショー公開。主役の楳図かずお役に片岡愛之助、楳図の母イチエ役に真行寺君枝。映画の脚本(楳図かずお、継田淳)をもとにさらにブロウアップしてノベライズしました。

あなたにオススメ!

  • おろち olochi,sup…
  • まつろはぬもの 5
  • ドキドキの時間 8
  • 怪奇三昧 英国恐怖小説の世界
  • 愛…しりそめし頃に… 5
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ