小学館文庫

けいどろ

けいどろ
ためし読み
定価
本体510円+税
発売日
判型/頁
文庫判/224
ISBN
9784094060607

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2014/07/25
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「ちょんまげぷりん」作者の書下ろし最新作
 ノビ(家宅侵入)専門の泥棒として、その名を轟かせていた吉森和宏は、出所直後に突然、刑事・高山清三に声をかけられる。聞けば、自分を死なせてほしいという話だった。老いさらばえて生き恥をさらしたくないから、もし、自分がそうなってしまったら、頃合いを見計らって命を絶ってほしいという依頼だった。
 ええかっこしいの高山らしい内容のものだったと思ったが、当然吉森は取り合わなかった。それから一年半後、思わぬ契機から高山の近況を知ることになった吉森は、愕然とすることになる。しかし、それは以後十年近くに及ぶ長き旅路の発端に過ぎなかった。
〈 電子版情報 〉
けいどろ
Jp-e : 094060600000d0000000
「ちょんまげぷりん」作者の書下ろし最新作。

 ノビ(家宅侵入)専門の泥棒として、その名を轟かせていた吉森和宏は、出所直後に突然、刑事・高山清三に声をかけられる。聞けば、自分を死なせてほしいという話だった。老いさらばえて生き恥をさらしたくないから、もし、自分がそうなってしまったら、頃合いを見計らって命を絶ってほしいという依頼だった。
 ええかっこしいの高山らしい内容のものだったと思ったが、当然吉森は取り合わなかった。それから一年半後、思わぬ契機から高山の近況を知ることになった吉森は、愕然とすることになる。しかし、それは以後十年近くに及ぶ長き旅路の発端に過ぎなかった。

あなたにオススメ!

  • ちょんまげぷりん 2
  • 愛について、なお語るべきこと…
  • 銀座のカラス 上
  • オケ老人!
  • もういっかい彼女
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ