小学館文庫

利他

人は人のために生きる

利他
ためし読み
定価
本体495円+税
発売日
判型/頁
文庫判/240
ISBN
9784094060317

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2014/03/28
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
なぜ、いい人ほど不幸になるのか?
「誰かのため」なら、もっとよく生きられる――。悲しみや不安、悩みの多い人生を生き抜くヒントは「利他」=人のために尽くす生き方にある。
九十歳を過ぎてなお話題作を次々発表し、「青空説法」で数千人の聴衆を魅了し続ける作家・瀬戸内寂聴。京セラ創業者にして日本航空の再建も果たし、八千人を超える塾生を指導する経営者・稲盛和夫。
自ら「利他」を実践し続ける二人が、仏教の教えやユーモアを織り交ぜながら、震災後の苦難を生きる「知恵」と「覚悟」を語り合う。
「気分が楽になった」「勇気が湧いてくる」読者絶賛の傑作対談、ついに文庫化。
解説・阿川佐和子
関連サイト:稲盛和夫オフィシャルサイト
http://www.kyocera.co.jp/inamori/publication/2011/12/publication28.html
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
多忙を極める著者お二人に対談していただくのは、「奇跡に近い難事」(「あとがき」より)でしたが、実際に対談を重ね、「人間として、いかに生きるべきか」を真摯に語り合った本作品は、今を生きる多くの読者に、勇気と元気を与える内容になっていると思います。

文庫解説は、作家・エッセイストの阿川佐和子さん。著者それぞれに会った際の貴重なエピソードをまじえながら、多くの聴衆を惹きつけるお二人の語りや言葉の魅力について解説しています。
〈 目次をみる 〉
はじめに 稲盛和夫


[震災を経験して]
第一章 今こそ、勇気を
――「千年に一度」の悲しみを乗り越える法――

半年間“寝たきり"になってわかったこと
終戦直後と同じ、逆境を乗り越えるのは強い心
“第二の故郷"東北人の強さを信じる
神様から顔をはたかれたような気がした
「人間の想像力などたかが知れている」という自戒


[逆説の人生観]
第二章 なぜ、いい人ほど不幸になるのか
――どんな悪い世の中もいずれ変わる――

「小善は大悪に似たり」「大善は非情に似たり」
「代受苦」――犠牲者は我々の苦しみを引き受けてくれた
借金で自殺するぐらいなら踏み倒す「不真面目のすすめ」
先に死んでいく者には、生き残る人への「義務」がある
戦災孤児の“かっぱらい精神"にバイタリティを学ぶ
「生生流転」「諸行無常」――絶望から立ち直る知恵


[震災後の生き方]
第三章 「利他」のすすめ
――人は“誰かの幸せ"のために生きている――

震災の死者の名前を書き続ける女性の姿に涙が出た
人に言われなくても、困っている誰かのために働く人がいる
「損得勘定」や「利己主義」が社会を悪くしている
儲からないはずの宗教で、なぜ次々に殿堂が建つのか
人間に本当に必要なのは「目に見えないもの」
己を忘れて他に利する――「忘己利他」という教え
「地獄」と「極楽」の違いは紙一重にすぎない
大事なのは「声に出して」「他人のために」「みんなで」祈ること
「笑いの力」――不幸は悲しい顔が好きで、幸せは笑顔が好き


[新・日本人論]
第四章 日本を変えよう、今
――「小欲知足」と「慈悲」を忘れた日本人へ――

非常時には非常時のルールを導入せよ
“九十年"生きてきて、今ほど贅沢な時代はない
これから求められるのは「忍辱」の精神
今ほど「心」が暗くて悪い時代はない
人に人でなしのことを言うと、自分が苦しい
「母性愛」こそ、お釈迦様の「慈悲」の典型
「子ども手当」に頼らず自分の力で子育てを
「なぜ人を殺してはいけないのか」の答えは理屈抜き
子供にも「家族の死」を見せたほうがいい


[「利他」の実践]
第五章 人はなぜ「働く」のか
――“誰かのために尽くす"ことが心を高める――

最初は嫌でも本気でやれば必ず仕事が好きになる
自分の歳を忘れるぐらい、仕事に惚れ込んでいる
寝食を忘れて働くのは、僧侶の修行に匹敵すること
なぜ「七十八歳」「無給」でJALの会長を引き受けたか
会社を変えるのは「テクニック」ではなく社員の「心」
エリート意識の壁を取り払った「会費千円」の飲み会
「目が覚めた」という社員が一人出てくれば周囲に伝播する
ビジネスの決断も「人間としてどうなのか」が基本
社員がマニュアルではなく自分で考えて働き始めた


[生と死のあいだ]
第六章 「天寿」と「あの世」の話
――「生老病死」の四苦とどう付き合うか――

「諸行無常」だから、震災後の日本にもいいことが起きる
「歳をとるほど生きづらい…」日本人は長生きしすぎる
大きな病気にならずに済んでいるのは「守られているから」
「寂聴極楽ツアー」なら「あの世」に行くのも怖くない


おわりに 瀬戸内寂聴
解説 阿川佐和子
〈 電子版情報 〉
利他 人は人のために生きる
Jp-e : 094060310000d0000000
なぜ、いい人ほど不幸になるのか?

「誰かのため」なら、もっとよく生きられる――。悲しみや不安、悩みの多い人生を生き抜くヒントは「利他」=人のために尽くす生き方にある。
九十歳を過ぎてなお話題作を次々発表し「青空説法」で数千人の聴衆を魅了し続ける作家・瀬戸内寂聴。京セラ創業者にして日本航空の再建も果たし八千人を超える塾生を指導する経営者・稲盛和夫。
自ら「利他」を実践し続ける二人が、仏教の教えやユーモアを織り交ぜながら震災後の苦難を生きる「知恵」と「覚悟」を語り合う。
「気分が楽になった」「勇気が湧いてくる」読者絶賛の傑作対談、ついに電子化。

あなたにオススメ!

  • 「利他」
  • すべては導かれている
  • 「首尾一貫感覚」で心を強くす…
  • たった1分で心が軽くなる ポ…
  • 考えない練習
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728