記憶の光景・十人のヒロシマ

〈 電子版情報 〉
記憶の光景・十人のヒロシマ(小学館文庫)
Jp-e : 094051510000d0000000
“閃光の痛みも知らない人間に「ヒロシマ」を語る資格があるだろうか"そんな思いの著者が、撮影と取材を目的に初めて広島を訪れたのは、1985年のこと。“負の昭和"をテーマに撮り続ける写真家が、まず始めたのは、被爆体験を聞くことだった。本書は、10人の被爆体験を、聞き書きと現在の風景写真を重ね合わせて綴ったものである。悲惨極まりない現実に直面しながら、生き抜いてきた10人の人生と言葉には、強く胸を打たれるものがある。戦争体験が風化していく現在、原爆で亡くなった多くの犠牲者の霊に捧げる「鎮魂の書」。

あなたにオススメ!

  • スカイフォール ~消し尽くせ…
  • 八月の光・あとかた
  • 文豪たちの関東大震災体験記
  • もうひとつの核なき世界
  • 書くことについて

発売日でさがす一覧へ