逃亡射殺

〈 電子版情報 〉
逃亡射殺  隣りの殺人者3 (小学館文庫)
Jp-e : 094037030000d0000000
愛知県の運送会社社長と常務が従業員らに巨額の保険金をかけ、暴力団と組んで次々と殺害。2人は台湾を経てパラグアイからブラジルに逃亡する。しかし、ICPOの手配で現地警察にも追われる。酒と女で、ひととき逃亡の我が身を忘れ、さらなる流転の末、最後はアマゾン河支流で日系人刑事らに射殺される。1979年に「史上最大の保険金詐取事件」として耳目を集めた事件を題材に、著者自ら現地へ飛んで、彼らの逃避行の足跡を丹念に取材し描いた迫真の犯罪小説。

あなたにオススメ!

  • 組長狙撃 海燕ジョーの奇跡
  • もう時効だから、すべて話そう…
  • 汚名刑事
  • 死刑執行
  • サカナとヤクザ
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728