白昼凶刃

白昼凶刃

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/04/01
形式
ePub
〈 電子版情報 〉
白昼凶刃 隣りの殺人者2 (小学館文庫)
Jp-e : 094037020000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

通り魔殺人の狂気はなぜ繰り返されるのか。理解を超える不気味さを感じさせる、無差別殺人。本書はその原点ともいうべき事件の裁判取材を通じて、犯人の精神構造の核心に迫った作品である。1981年、元すし職人の男が東京の下町・深川で通りすがりの主婦、幼児らを包丁で殺傷。主婦一人を人質に、近くの中華料理店に約7時間にわたって立てこもった。「電波が、テープが」と本人はいい、幻聴につき動かされての犯行だった。裁判の精神鑑定は心神耗弱を認め、判決は無期懲役。「隣の殺人者」の恐怖を緻密に分析した、シリーズ第2弾

あなたにオススメ!

  • 男の民俗学 職人編
  • ぬばたまの呪歌(じゅか)
  • 昆虫巡査 3 螢の華
  • 許永中「追跡15年」全データ
  • 「靖国神社への呪縛」を解く
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31