小学館文庫

忘れえぬ言葉(小学館文庫)

私の赤い手帖から

忘れえぬ言葉(小学館文庫)
定価
本体476円+税
発売日
判型/頁
文庫/240
ISBN
4094021868

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/04/12
形式
XMDF,ePub
〈 書籍の内容 〉
今は亡き愛の作家が遺した感動の言葉
一九九九年十月、五十余年にわたる闘病生活の末に逝った三浦綾子。死の床で「私はまだ、死ぬという大切な仕事がある」という言葉を遺して。
 言葉──人と関わりあうための重要な手段。そこに、伝えたい気持ちと受けとめる謙虚な心とが美しく調和したとき、言葉は「言葉」たり得るのではないでしょうか。
 この本は、著者が日常の中でそのような「言葉」に接したときの深い思いを、時には感動し、時に自戒の念をこめて、思い出とともに綴った心にしみるエッセイ集です。
〈 電子版情報 〉
三浦綾子 電子全集 忘れえぬ言葉―私の赤い手帖から
Jp-e : 094021860000d0000000
心に残るさまざまな言葉を思い出とともに綴った愛のエッセイ集。

毎日の平凡な生活の中で、ふと聞いた言葉や面と向かって言われた言葉が、心に残って消えない時、その言葉もまた肉体に刻まれた傷跡と同じように、その時の状況が瞬時に甦ってくる・・・。感動した言葉、おりにふれて思い出す言葉、自らを戒めるものとして受け入れた言葉、力と希望を与えてくれた言葉、愛の言葉などをまとめた心に残るエッセイ集。

「三浦綾子電子全集」付録として、夫・三浦光世氏によるエッセイ「妻を語る」を収録!

あなたにオススメ!

  • 三浦綾子 電子全集 この病を…
  • 三浦綾子 電子全集 小さな郵…
  • 三浦綾子 電子全集 生きるこ…
  • 三浦綾子 電子全集 私にとっ…
  • 三浦光世 電子選集 死ぬとい…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ