なんとめでたいご臨終

なんとめでたいご臨終
ためし読み
定価
本体1,400円+税
発売日
判型/頁
4-6/320
ISBN
9784093965415
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
誰でも最期まで家で朗らかに生きられます!
 痛みや不安がなく、最期まで朗らかに過ごしたい――それは誰しもが願うことでしょう。それを叶える場所は、果たして病院でしょうか。

 多くの人は、家で最期まで過ごしたいと望みながらも病院で最期を迎えています。そうした中、家族に介護力がなくても、おひとりさまでも、末期がんでも、ボケていても、「誰だって、最期まで家で朗らかに生きられる!」と著者・小笠原文雄さんは説きます。

 本書には、「退院したら5日の命」と余命宣告されながら5年経った今も元気に過ごす患者さんや、大切な人を看取った直後にご遺体を囲み、笑顔でピースするご家族、まるで自らの死期が分かっているような患者さん、「今がいちばん幸せ」と言う末期がんの患者さんなど、「在宅医療」だからこその、常識では考えられないような笑顔と奇跡のエピソードが満載です。

 自分もそんな「人生のめでたい最期」を迎えたいと願う人や、大切な人にそんな最期を迎えてもらいたいと望む人、最期まで自分で介護を続けられるだろうかと不安な人も、読めば明るい気持ちになり、「笑顔でピース!」したくなること請け合いです。

 だからあなたも、生きているうちに読んでください!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 現在、大きな注目を集めている在宅医療。著者の小笠原文雄先生は、全国から医師が見学や研修に訪れる在宅医療の第一人者で、これまでNHK『クローズアップ現代』や『おはよう日本』、新聞各紙など様々紹介されてきた医師です。本書は、4年前に出版されたベストセラー『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』に続く、小笠原先生の初めての単著になります。

 本書を読むと、きっと最初は「ウソでしょ!?」と驚き、そして読み進めるにつれ、圧倒的なエピソードの数々にこれは確かに本当に起きたことなんだと、深い感動が押し寄せるでしょう。
 たとえ余命宣告を受けても、好きなお酒を飲んだり、海外旅行に行ったり、畑の作業をしたり、仕事に打ち込んだり・・・・・・そんな自分のしたいこと、好きなことができるとは、この本に携わる前は、思いもよりませんでした。
 死はただただ悲しいものだと思っていましたが、それも違いました。旅立つ人も見送る人も満足して笑顔になれる死もあることを知りました。

 この本には、そんな当たり前だと思っていた常識をくつがえす数多くのエピソードと写真、めでたい最期を迎える方法が具体的に書かれています。皆さんの人生観、死生観が変わる「大切な一冊」になると確信しています。
〈 追加情報 〉
7月17日「海の日」に、小笠原文雄先生が小学館で「カルチャーライブ」講演会を行います。
注目を集める在宅医療の最前線をたっぷりと話していただきます。家だからこそ好きなことができて、余命宣告をくつがえす--驚くような奇跡と笑顔のエピソードの数々に人生観や死生観が変わるはずです。
https://sho-cul.com/courses/detail/20

ぜひお越し下さい!
〈 目次をみる 〉
はじめに

第1章 家なら最期まで好きなことをして過ごせる
        もう一度、旅行に行きたい
        仕事をやり遂げたい
        畑に行きたい
        お酒が飲みたい
        今がいちばん幸せ

第2章 余命宣告をくつがえす患者さんたち
        退院したら5日の命
        まるで夢を見ているようだ
        家で死ねる、山で死ねる
        病院と自宅、本当の孤独はどっち?
        上野千鶴子さんの本音「プロパガンダかと思った」
        聞いてください、生の声
        がんがかわいい
        少し変わった香典返し
        遺影撮影をもう一度
        あくび体操で奇跡が起きた
 
第3章 ひとり暮らしでも、お金がなくても、大丈夫
        我が人生、最高の笑顔
        あなたは告知を望みますか? 
        モルヒネワインと"眠れる森の美女"
        三重苦でも家がいい
        入所させるなら木曽川へ飛び込む
        世界でいちばん幸せ
        住み慣れた家でなくても
        チームワークが大切なんです

第4章 看取った直後に、家族が笑顔でピース
        お母さんが亡くなって嬉しいの!?
        旅立ちは大好きなコーヒーと
        好きな歌で蘇ったいのち
        在宅ホスピス緩和ケアに家族の介護力はいらない
        夫から妻へ。最期の思いやり
        緊急退院! その一日が命取りに
 
第5章 在宅医療に失敗ってないの?
        もしも真実が話せていたら
        先生、私を死なせて!
        親の心、子知らず
        無念の最期
        入院か否か、後悔の選択
        救急車を呼ばないでほしい
        これがぴんぴんころりなんです

第6章 いのちの輝き
        子どもたちへ伝える「いのちのろうそく」
        35歳、2児の母が見せた最期まで生き抜く姿
        孫がエンゼルケアをしてくれた
        心不全でも在宅緩和ケアが受けられる国へ
        ママと一緒におうちへ帰ってお風呂に入ろう
        グリーフケアで涙から笑顔へ
        笑顔を届ける350キロの遠隔診療
        「持続的深い鎮静」は抜かずの宝刀
        これからの日本に望むこと

あとがき
        

あなたにオススメ!

  • 死ぬときに後悔しない医療〔小…
  • がんより怖いがん治療
  • 死ぬという大仕事
  • 金子哲雄の妻の生き方 夫を看…
  • わが家で最期を。
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ