日本の近代 猪瀬直樹著作集5 ミカドの肖像 第5巻

日本の近代 猪瀬直樹著作集5 ミカドの肖像 第5巻
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/552
ISBN
4093942358

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/08/03
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
昭和末期の日本を騒然とさせた、あの名著がいま甦る。
丸の内の東京海上ビルの高さが99.7mに抑えられた理由は? お召し列車運行の際の3原則とは? ヨーロッパでポピュラーな「ミカド」ゲームとは? アメリカ・ミシガン州に「ミカド」という町がある? 欧米では誰もが知っているオペラ「ミカド」とは?「プリンスホテル」が発展してきた陰にあったブランドとしての皇室の意味は?なぜ「御真影」が外国人によって描かれたのか?──いくつもの「?」を解くことで、「近代日本」と「天皇」が鮮やかに見えてくる。妥協を許さない綿密な取材と、世界的視座に立った壮大な考察から導き出される真理の的確さはこれまでの日本論の常識を覆した。昭和62年に大宅壮一賞を受賞。
〈 電子版情報 〉
猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第5巻 ミカドの肖像
Jp-e : 093942350000d0000000
近代天皇制に織り込まれたさまざまな記号を丹念な取材と世界的視座で読み解く。

全く新しい視点から天皇制を捉え直し、第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『ミカドの肖像』(1986年12月小学館刊行、1992年2月新潮文庫上下巻、2005年4月小学館文庫)を収録。

なぜ、皇族の土地にプリンスホテルが建っているのか? なぜ、オペレッタ「ミカド」は欧米で人気があるのか? なぜ、明治天皇の「御真影」は西洋人の風貌になったのか? いくつもの「?」の裏に隠された「近代日本」と「天皇」の不可視のシステム。近代天皇制に織り込まれたさまざまな記号を、丹念な取材と世界的視座に立つ壮大な考察で読み解いた、前代未聞の日本論。

本書には巻末に文庫にはない、山口昌男氏との対話「“視えない天皇制"を視る」(『週刊読書人』1987年1月5日初出)や、本田靖春氏との対話「『ミカドの肖像』余聞」(『潮』1987年4月号初出)を収録。また、高階秀爾氏による文庫版解説(新潮文庫版)のほか、天皇制をめぐるノンフィクション全般を俯瞰した柳田邦男氏の「天皇の空白部分」(1993年6月文藝春秋刊『同時代ノンフィクション選集第8巻所収)を収録する。

あなたにオススメ!

  • ミカドの肖像(小学館文庫)
  • ミカドと世紀末(小学館文庫)
  • 小倉昌男 祈りと経営
  • 帰還せず 残留日本兵六〇年目…
  • 侵略する豚
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ