六条御息所 源氏がたり 一、光の章

六条御息所 源氏がたり 一、光の章
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
4-6/356
ISBN
9784093933063
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
林真理子によるまったく新しい源氏物語の世界
「和の心を楽しむ」がテーマの月刊女性誌『和樂』にて連載中の林真理子さんの小説『六条御息所 源氏がたり』。その単行本第一巻が『光の章』として登場します。六条御息所を物語の語り部とする画期的な構成。そして、原文にない御簾の中での出来事の大胆な解釈。恋愛小説の名手、林真理子ならではの"小説源氏物語"の誕生です。「私の名をどうか聞いてくださいますな」という美しい一文ではじまる本巻は、桐壺帝と桐壺の更衣の異常な恋愛、光源氏誕生の謎、空蝉、夕顔との恋から、葵の上、藤壺をめぐる人間ドラマまでの全15話を収録。林真理子によって描き直された平安時代の貴族たちが繰り広げる恋模様は、究極の恋愛小説としても楽しめます。また、口絵には、日本画家千住博による源氏物語をモチーフにした作品を収録。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
恋愛小説の名手、林真理子が次に選んだテーマは、紫式部によって著された世界最古の恋愛小説でした。そして期待に違わず、六条御息所を語り部とした小説は、私たちにまったく新しい源氏物語の世界を見せてくれます。登場人物は平安時代の貴族たち。それなのに彼女たちの気持ちが手に取るように伝わってくるのはなぜ?小説の醍醐味がすべてつまった林真理子マジックをお楽しみください。また、本書のカバー写真には、1960年代にアメリカで出版された伝説の写真集『mirror of venus』(撮影/Wingate Paine)の一枚を使用しました。読者の皆さんには、古典の名作としての源氏物語としてだけではなく、まったく新しい恋愛小説として楽しんでいただければと思っています。

あなたにオススメ!

  • STORY OF UJI 小…
  • 六条御息所 源氏がたり 上
  • 誰も教えてくれなかった『源氏…
  • コントレール 罪と恋
  • 源氏物語 上
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ