安楽死を遂げた日本人

安楽死を遂げた日本人
ためし読み
定価
1760円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/353
ISBN
9784093897822
〈 書籍の内容 〉
京都「安楽死」事件を考える上での必読書
ある日、筆者に一通のメールが届いた。
〈寝たきりになる前に自分の人生を閉じることを願います〉

送り主は、神経の難病を患う女性だった。全身の自由を奪われ、寝たきりになる前に死を遂げたいと切望する。彼女は、筆者が前作『安楽死を遂げた日本人』で取材したスイスの安楽死団体への入会を望んでいた。

実際に彼女に面会すると、こう言われた。
「死にたくても死ねない私にとって、安楽死は“お守り"のようなものです。安楽死は私に残された最後の希望の光です」

彼女は家族から愛されていた。病床にあっても読書やブログ執筆をしながら、充実した一日を過ごしていた。その姿を見聞きし、筆者は思い悩む。
〈あの笑顔とユーモア、そして知性があれば、絶望から抜け出せるのではないか〉

日本で安楽死は認められていない。日本人がそれを実現するには、スイスに向かうしかない。それにはお金も時間もかかる。四肢の自由もきかない。ハードルはあまりに高かった。しかし、彼女の強い思いは、海を越え、人々を動かしていった――。

患者、家族、そして筆者の葛藤までをありのままに描き、日本人の死生観を揺さぶる渾身ドキュメント。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ALS患者が「安楽死」を求め、担当医ではない医師2名がそれに応じるという嘱託殺人が京都で起こりました。なぜ事件は起こったのか ?日本の「安楽死」を巡る状況とは? 事件を考える上で必読の一冊です。
〈 目次をみる 〉
第一章 我が運命の支配者
第二章 孤独と歩む
第三章 幸運を祈ります
第四章 焦りと混乱
第五章 最高の別れ
第六章 家族を取り戻した男
第七章 遺灰

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

心理学を専攻しているためとても興味深く、勉強になりました(10代 女性) 2021.9.22

テレビで安楽死を望んだ女性のドキュメンタリーを見たことが忘れられず詳しく知りたいと思い購入しました。 テレビよりもご家族の苦悩、安楽死を望むまでの過程が克明に記されており、より深く感じ入りました。 安楽死を通して、日本では語ることの許されなかった死についてを、もっとオープンに、若い時代から語る機会があれば、自分の死を、そして生を悔いのないものに出来るのではないかと思います。 何よりミナさんの笑顔と強さが忘れられません。(30代 女性) 2021.8.9

死に対しての考え方捉え方が文化の違いで大きく異なること、また同じ日本人の中でも安楽死に対する様々な思いをしれたのが不謹慎ながらとても面白かったです。(10代 女性) 2021.1.24

テレビで見て気になっていた。改めてこのテーマを大学で学ぶことになり参考になればと購入しました。(20代 女性) 2020.10.1

安楽死というものをこの本を読むまではもっと簡単に考えていたように思います。自分が苦しみから逃れるだけではいけないと。家族や安楽死、自殺幇助をする人にどんなダメージを与えるのかまで考えると、苦しむ姿をみせる残酷さも同じではないかとも思いますが。きちんと皆にお別れしたあとに、痛みを和らげる薬をもらい意識をなくして穏やかに死にたいと思いました。(50代 女性) 2020.1.22

「安楽死を遂げるまで」を読んで(60代 女性) 2019.12.25

小島さんの事をテレビで見て(40代 女性) 2019.11.13

NHKの番組でずっと気になってて、それから違う番組、ロンブー淳さんの番組で見て購入しました。 読むのがとまらなくなるけど、考えてしまうので、なかなか読むのが進みませんした。私も早く死ねるように頑張ってます。でも、通勤費が莫大になるだけでした。(30代 女性) 2019.10.17

テレビ番組に関連して(60代 女性) 2019.10.5

NHKで観て読んでみたいと思い購入しました(50代 男性) 2019.8.27

あなたにオススメ!

  • 安楽死を遂げた日本人
  • 安楽死を遂げるまで
  • 安楽死を遂げるまで
  • 奇跡の歌
  • 10万分の1 5
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31