平成史

平成史
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/448
ISBN
9784093897761
〈 書籍の内容 〉
「平成の謎解き」はこの一冊で十分!
バブル崩壊、オウム真理教テロ、福島第一原発事故。
何が起きたか。なぜ起きたか。
同時代に生きる二人が政治、経済、文化を縦横無尽に語り尽くす。

【本書内容】
モスクワから見た狂騒ニッポン/バブル崩壊でファミレス進化/宮崎勤事件と仮想現実/麻原彰晃作曲の大交響曲/神の手とSTAP細胞/小泉訪朝は失敗/ホリエモンは何者?/血の五輪/「逃げ恥」と冬彦さん/朝日新聞と旧陸軍の共通点/安倍談話は「戦後レジーム」追認/親子二代の「人間宣言」/ローカルルール消滅と企業不祥事・・・

ユダヤ教に伝わるカバラの知恵という論理がある。光が収められた壺がある。だが時間が経つと壺にひびが入る。そこで新しい壺を用意する必要がある。入れ替えに失敗すると光は二度と元に戻らない。ここでいう光とは、日本固有の文化であり、国体であり、あるいは天皇なのかもしれない――佐藤優

平成は、それなりに生きてゆくにはとりあえず充分という極相に達して「坂の上の雲」ならぬ「坂の上の平原」といえる。もっと成り上がりたいという気持ちはないが、墜ちることへの恐怖は強い――片山杜秀

■平成を読み解くブック&シネマリストも収録






〈 編集者からのおすすめ情報 〉
第一回目の対談は、2017年3月に行われました。その後も断続的に対談は行われ、本書完成に至るまで、計8回(約20時間)を数えています。
〈 目次をみる 〉
第一章 バブル崩壊と55年体制の終焉  
平成元年―6年(1989年―1994年)

第二章 オウム真理教がいざなう
千年に一度の大世紀末 51
平成7年―11年(1995年―1999年)

第三章 小泉劇場、熱狂の果てに 
平成12年―17年(2000年―2005年)

第四章 「美しい国」に住む
絶望のワーキングプアたち 
平成18年―20年(2006年―2008年)

第五章  「3.11」は日本人を変えたのか 
平成21年―24年(2009年―2012年)

第六章 帰ってきた安倍晋三、
そして戦後70年 
平成25年―27年(2013年―2015年)

第七章 天皇は何と戦っていたのか 
平成28年―平成31年(2016年―2019年)

ブックリスト
シネマ&ドラマリスト 

あなたにオススメ!

  • 戦争をしない国 明仁天皇メッ…
  • 十三億分の一の男 中国皇帝を…
  • 狼の牙を折れ
  • 世界観
  • 昭和天皇は何と戦っていたのか…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ