テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅

テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅
ためし読み
定価
本体1,500円+税
発売日
判型/頁
4-6/304
ISBN
9784093897747

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/12/08
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
死の2ヶ月前、最期に明かした「真実」
【各紙誌大絶賛!】
・書評
読売新聞 「異端経営者の盛衰史」(2017年12月17日付、評者:稲泉連氏)
日経新聞 「変革者の軌跡から探る病根」(2018年2月3日付)
週刊現代 「墜ちた名門の元トップが語る不正と巨額損失の真実」(2017年12月23日号、評者:磯山友幸氏)
週刊文春 「何もかも切ない」(2018年2月1日号、評者:山岡淳一郎氏)
日刊ゲンダイ 「若き頃の活躍と死の直前インタビューの落差」(2017年12月18日付、評者:中川淳一郎氏)

・著者インタビュー
週刊ダイヤモンド(2018年1月13日号)
プレジデント(2018年2月12日号)

・その他
朝日新聞 「折々のことば」(2018年1月22日、文:鷲田清一氏)

【内容紹介】
イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう間違え、東芝を “奈落の底"に突き落としたのか。

2017年10月初旬、横浜市の自宅で3時間半に及ぶインタビューは行われた。実は、西田氏は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、西田氏もまた死線をさまよっていた。

――東日本大震災、そして原発事故がなければ、東芝はどうなっていたんでしょうか。
「事故が起きなくても同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

この発言から2ヶ月後、西田氏は心筋梗塞で逝去した。享年73。文字通り、最期のインタビューで、語ったのか。かつて「平成のスター経営者」と謳われ、昨今は「名門崩壊を導いた戦犯」と指弾されていた経営者の「遺言」である。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
2000年代、顔の見える経営者、そして「選択と集中」の実践者として、元東芝社長、西田厚聰氏は、日本財界の顔でした。東大大学院で西洋政治思想史を学び、恋人を追ってイランに辿り着き、そしてイラン政府と東芝の合弁会社に現地採用された異色の経歴も、氏の出世伝説を引き立てました。しかし、西田氏が社長を退いてから10年にも満たない現在、誰が東芝の窮状を想像できたでしょうか。そして、米国原子力事業の買収をはじめとして、名門崩壊のトリガーを引いたのは、西田氏と糾弾されてもいます。本作は、西田氏という異端の企業人の歩みを追いながら、企業崩壊の内幕を描くビジネスノンフィクションです。
〈 目次をみる 〉
序章 戦犯と呼ばれた男
第1章 覇者の経営
第2章 土光敏夫とイラン革命
第3章 雨降る故郷
第4章 パソコン神話
第5章 愚かな争い
第6章 名門陥落はいつ起きたか
第7章 盟主なき帝国
終章 最後の対話
〈 電子版情報 〉
テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅
Jp-e : 093897740000d0000000
“戦犯"と呼ばれた男が全告白。

イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう、間違え、東芝を “奈落の底"に突き落としたのか。

大宅賞作家が第15代東芝社長、西田厚聰の肉声を交えながら描いた企業崩壊ドキュメント。

――東日本大震災、そして原発事故がなければ、東芝はどうなっていたんでしょうか。
「事故が起きなくても同じような問題が起きたんじゃないでしょうか。先延ばしされただけじゃないかな。すべては経営の問題だから」

2017年10月初旬、最後のインタビューは行われた。実は、西田は9時間を超える大手術、3ヶ月に及ぶ入院生活を経て、ようやく退院したところだった。存亡の危機に立たされていた古巣と同様、この男もまた死線をさまよっていた。

【ご注意】※この作品は一部カラーを含みます。

あなたにオススメ!

  • 国家のシロアリ
  • 豊田章男が愛したテストドライ…
  • あんぽん 孫正義伝
  • 日本の未来について話そう
  • 原発はなぜ日本にふさわしくな…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728